会員制度の変更をスノーピークが発表。ブラックランクは要注意!

アイキャッチ画像出典:スノーピーク

スノーピーク会員のランクは年間及び累計の製品購入額によって決定されており、下位のシルバーやゴールド会員は決められた年間購入額に満たないとランクが下がるというシステムでした。

出典:スノーピーク

旧制度ではブラックランクやプラチナランクに到達するとランクダウンは行われなくなるため、30万円以上購入してプラチナランクになった人や、ブラックランクにおいては何年もかけてポイントを累積してようやく到達したという方も多いと思います。

出典:スノーピーク

ランクダウンの発生しないはずの上位のプラチナとブラックが、新しい制度ではランクダウンの対象となっているではないですか。 旧制度で苦労して降格のないランクに到達したというのにまた振り出しに戻されてしまいました。

現在ブラックやプラチナランクでどうしてもランクを落としたくない場合、スノーピーククレジットカードを契約し、年会費を払い「ランクダウン無し」の契約特典を適用するのが最も費用を抑える方法といえます。

出典:スノーピーク

新しい制度においてブラックとプラチナランクは具体的にどのくらいの最低維持費が発生するかというと、プラチナランクの維持で年間3,300円(クレカ契約必要)、ブラック会員の維持で年間33,000円(クレカ契約必要)となります。プラチナの維持は比較的容易ではありますがブラックの維持コストは0円であった状態から33000円必要になるなど、一気に価格が跳ね上がってしまうので注意が必要ですね。

※2021年11月24日に新会員制度を再検討するとスノーピークから発表がありました。