海釣りに欲しいスペック、潮汐を知るタイドグラフ カシオプロトレックの買い換えを検討してみる

10年ほど前に買ったカシオ「プロトレックPRWー1500」なのですが、

電波ソーラー・各種センサーの使い勝手があまりにもよかったので毎日着けていたところ、ベルトの先っぽが切れてしまいました。  

10年もの間毎日着けていて、
ベルトの先っちょが切れたくらいしか損傷個所がないって、驚異的だと思いません?

ちなみに、
お風呂に入るときも常に身に着けていました

プロトレック最大の魅力は
センサー機能のすばらしさもありますが、

実のところ、超一級の耐久性にあります。

ベルトの付け根には可動域が設けられており、
腕の動きに合わせてスムーズに動き、
ウレタンベルトの弱点である取り付け部の
耐久性が大幅にUPしてます。
なので、壊れても影響の少ないベルト先端から
先に壊れて致命的な故障に至らないという
設計なんですね
これがGショックだとするとベルト取り付け部分から壊れてます

外装の耐久性と併せてムーブメントの耐寒性、耐衝撃性の高さ、

グローブをはめてトリプルセンサーをいじるときのボタンの操作性

電波ソーラーであることなどから全てを兼ね備えたアウトドアウオッチといえるでしょう。

 

ベルトを新しいものに替えて、あと何年使えるか

耐久試験みたいな事も考えましたが、

買い換えも考えてみることにしました。

 

PRW-1500を選んだ理由の1つに、

タイドグラフ表示があり、潮の満ち引きが一目でわかるようになっていて、

海釣りでの「時合」を逃すことが少なくなりほんとうに便利です。

だいたいのプロトレックには高度・気温・方位のセンサー付きとありますが

タイドグラフ付きというのは選択肢が少ないです

最新のPRW-7000

 

2011年モデルPRW-2500

新品で買えるのはこの2種のみというレア度満点の

タイドグラフ付きプロトレックです。