上越市『キューピットバレイキャンプ場』ログハウス村とフラットな芝キャンプサイトが魅力 

キューピットバレイは上越市内から津南方面に車で1時間ほどの距離にあるスキー場です。冬季にはスキー場として営業しておりますが、シーズンオフには一部敷地をキャンプ場として開放しています。

キューピットバレイへ向かう

キューピットバレイキャンプ場は長野県との県境に位置し、 長野県側 ・津南・松之山方面からは細く険しい酷道を越えていかねばならず山岳路の運転に慣れていないとけっこう大変です。
上越側からの道は比較的広く、きついカーブもほとんどないため、まずは上越市内からほくほく線虫川大杉駅を目指し、403号をたどるコースならば途中に道の駅もあるのでおすすめ。

道の駅 雪のふるさと やすづか  雪だるま物産館

道の駅  雪のふるさと やすづか 雪だるま物産館
営業時間
9:00~18:00
休館日 月曜

そこらじゅうにゆきだるまのマスコットが見られます。

キューピットバレイ、ゆきだるま高原に到着。

受付 ・ キャンプ場情報

センターハウス

ウインターシーズンにはスキー場のセンターハウスとして機能するこちらの建物2階がキャンプ受付になります。

フロント

営業期間
キャンプ場4月下旬~10月下旬

営業時間
センターハウス
8:30~17:00

利用料金
キャンプフリーサイト1区画(10m×10m)
1泊5名まで5400円
ログハウス1棟サイト1区画(7m×7m)
1泊7名まで7500円

利用時間
キャンプサイトチェックイン
14:00~17:00
キャンプサイトチェックアウト
10:00
ログハウスチェックイン
15:00~
ログハウスチェックアウト
10:00
※ログハウス宿泊でのキャンプサイト利用は時間制限有り
当日15~21時 翌日7~10時まで

その他
ペットOK(ログハウスは不可)
薪500円 花火用バケツ貸出 

予約・お問い合わせ
025-593-2041
キューピットバレイ公式サイト

昆虫館・雪室

センターハウス駐車場横に建つ昆虫館と雪室。

雪室と昆虫館

昆虫館
期間 2019年7月13日~8月2日(土日祝)
      8月3日~8月18日(毎日)
時間  9:30~16:00 期間中無休
料金 大人300円・小中学生200円


昆虫館内では特設カブトムシハウスがあり、
カブトムシに触れ合うこともできます。生体の販売も行っております。 
ザリガニ釣りが人気です。

雪室
キューピットバレイでは、冬に積もった雪を雪室に貯蔵し 
夏の間館内へ冷気を流し冷房としての役割も果たしています。 
さらにその雪を使って雪室コンビニとしてOPENしたり、
ソリ遊びに使用したりと 、
夏も雪の楽しさを味わってもらうイベントを企画しています。

キューピットバレイ

5月現在まだ開館されておらず残念。

センターハウス前から見たゲレンデ
画像:キューピットバレイ

サマーシーズン限定、ゲレンデ前にプレイパークが出現します
期間 2019年7月13日~8月2日(土日祝)
   8月3日~8月18日(毎日)
時間 9:00~16:00
料金 500円(3歳以上有料)
各種チケットはセンターハウスフロントで販売しています

キャンプサイトはどこ?

広いキューピットバレイのどこにキャンプサイトがあるかというと、雪室の裏手の道を進みペンションLIVEを過ぎログハウス村からさらに登った丘の上にあります。

ペンションLIVE

ペンションLIVE前の道をどんどん登るとログハウス村が見えてきます。

ログハウス村

こちらのログハウスに泊まりキャンプサイトでBBQができます
1泊7名まで7500円
キャンプサイト7m×7mを利用可能です

ログハウス村のバス停Aに到着。冬季のみバスが運行しているのでサマーシーズンはマイカー乗り入れになりますね

案内図の「P」を目指します

ログハウス村からさらに上方の駐車場へ続く道。ほぼほぼ一本道なので迷わず進めるでしょう。

駐車場とキャンプサイト

キャンプサイト横の駐車場

駐車場の階段を上った先がキャンプサイト。キャンプ場入口まで舗装路が続いたいるので車で登ることもできます。

手前がトイレ、奥が炊事棟

キャンプサイトには車で入ることはできませんが、キャンプ場入口で荷物をおろして車を駐車場にとめておくことができます。

キャリーカートをレンタル可能

キャンプ場入口からサイトまではキャリーカートが用意してあるので重い荷物を運搬するにはありがたいですね

キャンプサイト奥の東屋

端から端までフラットな芝のキャンプサイトは快適そのもの

街灯が1本建っています

東屋付近は展望が開けているので遠くまで見渡せます

キャンプ場からは遠くの棚田が見える

想像以上に広いキャンプサイトで10m×10mが区画といえど、まったく区画されていないので、フリーサイトに近い状態で使えるのが魅力ですね

炊事棟・トイレ

とてもきれいな炊事棟とトイレです

炊事棟
きれいに分別できるダストエリア
かまど
新築感たっぷりの炊事エリア
給湯器が用意してあり、お湯が出ます
トイレ棟

棚田動植物公園

キャンプ場の先にはミニ棚田や動植物エリアが広がっています

ゆきだるま温泉 雪の湯

センターハウスからゆきだるま温泉まで200mとのことですが、キャンプサイトからは歩いていく気が失せるほどの距離がありますので、基本、クルマでの移動になるでしょう。

宿泊施設「久比岐野」とゆきだるま温泉の入り口

ゆきだるま温泉

営業時間
10:00~21:00(11:00~18:00)
定休日
月曜日
利用料金
大人600円 小学生500円 幼児200円
お問い合わせ
025-593-2241

ゆきだるま温泉から見たキューピットバレイキャンプ場方面

宿泊施設 久比岐野

温泉の宿「久比岐野」に宿泊も可能。
予約はこちら

まとめ

菱ヶ岳とキューピットバレイ

長距離登山道の続く信州トレイルや菱ヶ岳登山などハイカーにも人気の地域、山間の芝サイトはとてもきれいで設備も新しく過ごしやすそうでした。
ただ、自然の濃密さもあいまって夏季は虫が多そうな印象でした。
虫対策をしっかりして快適にキャンプしたいですね