湯沢リバーサイドキャンプサイト&カフェ 新潟県境にある、魚野川沿いの林間キャンプ場 

お盆休みの連休中に「湯沢リバーサイドキャンプサイト&カフェ」へ下見をしてきました。


キャンプ場へ向かう


ナビやグーグルマップで「湯沢リバーサイドキャンプ」と入力すると、
老朽化したルーデンスホテルに案内されてしまい混乱してしまいますので注意です。

キャンプ場の正しい位置はリゾートマンションのランパーツ中里の近く、
魚野川のすぐ脇になります。

キャンプ場の入り口は第2駐車場脇の小道に入るようになっていて、
看板が立っていますが損傷しているので少々見つけにくくなっています。

大きな第2駐車場を目印にするとよいでしょう。


キャンプ場情報・受付


管理棟となるリバーサイドカフェはキャンプサイトの奥地にあるので、しばらく続く小道を抜けて向かいます。


道は細いですが路肩との段差がないためすれ違いはやりやすい感じ。

こじんまりとしたキャンプサイトをイメージしていましたが
想像以上に広大な敷地で驚き。


以前は芝のキャンプサイトにマイカー乗り入れ禁止でしたが、
現在は道路の路肩などサイトの付近に駐車可能になったようです

トラロープにて駐車可能領域と乗り入れ不可の領域を区切られています。


受付となるカフェの近隣に釣り堀池とBBQエリアがあり、
さらに川沿いの奥のほうにもテントサイトが広がります。

キャンプ場マップ

キャンプ場情報

所在地  949-6103 新潟県南魚沼郡湯沢町大字土樽3223−6

営業期間 4月下旬~9月下旬
営業時間 9:00~17:00

利用料金
キャンプフリーサイト
5~8人用テント一張 5,000円
1~4人用テント一張 4,000円
タープ一張      1,000円
  +
ゴミ袋料金 1,000円(宿泊500円)

チェックイン
12:00~
チェックアウト
11:00まで


各種レンタルあり
※薪はありません

予約方法
オンライン予約→なっぷ
TEL 080-9032-4286



手作り感満載のカフェ(管理棟)。
こちらでキャンプやBBQ、各種レンタル等を受付。
カフェのメニューは日替わりで用意されているとのこと。

こちらで自家焙煎のアイスコーヒーをいただきました

透明度の高い池では泳ぐニジマスの姿を見られます。
貸し竿1800円、3匹までキープ可。
釣ったニジマスはカフェ前の炊事場でさばき囲炉裏で串焼きにしておいしく食することもでき満足度が高いですね


つりぼり池の一段上のBBQエリア。
食材持ち込みの場合は施設利用料金1,000円
食材をカフェで注文するレストランスタイルだと施設使用料は無料で、食材のみの費用でOKとのこと。

カフェ裏にあるトイレ。


かな~りヤバい雰囲気のトイレですが、恐る恐るドアを開けてみると。。


なんとウォシュレット付きではないですか!これは嬉しい誤算


林間フリーキャンプサイト

カフェ前駐車場奥側のサイト

リバーサイドキャンプサイトは林間のフリーエリア。
お気に入りの場所を見つけてキャンプサイトを作りリラックスしましょう

釣り堀池から炊事棟の間のエリアは
カフェと炊事棟に近く利便性が高いため人気です。

トイレはカフェ設置のウオシュレットトイレのほかに仮設トイレが2箇所。
炊事場はカフェと炊事棟、シャワー設備1箇所となります。

つりぼり池前のサイト

管理棟カフェに最も近いエリア。
常に人の往来があるので、少し気になるかもしれません。

つりぼり池から炊事棟の間のエリアはカフェにも近く最も利便性が高いので人気

手作り感満載の炊事棟ですが比較的キレイに保たれています

湧き水を利用している水道。シンクは洗剤使用NG。

川遊びの後などに簡単に体を洗えるシャワー設備。仮設トイレ

ほんの小さな遊具ですが子供に人気

道路の路肩に駐車場エリアを区別するトラロープが張ってあります

道路を挟んで左右にキャンプエリアがあります。

川側に離れとなるキャンプエリアがありますが、小川にかかる丸太橋を渡っていく必要があり、荷物の搬入が少し大変。ロケーションは良いです。

キャンプ場中心付近には小さく浅い川が流れています。
冷たくてキレイな川なので、小さい子供の水遊びに最適。

冷たい水は天然の冷蔵庫のよう。飲み物や食材を冷やしておくのもよいでしょう

小川の通るすぐ横のエリア近くにある仮設トイレ。
横の小屋は何かよくわかりません

トイレ脇はにおいがきついと思いますが、混雑しているのか、すぐ脇に張られている方もいますね。

真夏のキャンプでも比較的すずしく過ごせる木陰の濃厚なエリアです。カフェや炊事棟まで少し遠くなりますが静かでロケーションは良いです

川遊びスポット

キャンプサイトに沿って流れている魚野川で川遊びを楽しめるできるスポットがあります。

魚野川へはカフェ正面の川に向かう小道を通り抜ける必要があり、途中からデカい川石のゴロタ道になります。マリンシューズを履いていくとよいでしょう。

気温30℃を越えていても川の付近は比較的涼しく感じますね。ただし日射しはそれなりに強いので帽子やラッシュガードは必需品。

キャンプ場入口付近の支流

キャンプ場入口付近の魚野川支流にも遊びスポットがあります。

近隣の温泉

キャンプ場から5分くらいのところにこじんまりとした共同浴場があります。

土樽共同浴場 岩の湯

営業時間 10:00~21:00
利用料金 大人500円 4歳~小学生250円 3歳以下無料
定休日  水曜

近隣のコンビニ・スーパー

最も近いコンビニが「ローソン湯沢神立店」。
キャンプ場から約10分ほどの位置にあり比較的近い印象です。


スーパーへの買い出しは品揃え豊富でホームセンターコメリに隣接する「ショッピングセンターのぐち湯沢ハーツ店」が便利。

まとめ

湯沢というとバブル当時のスキー場やリゾートマンション開発の面影を残しウインタースポーツが盛んな温泉街という印象でしたが、真夏の湯沢は魚野川の清流と戯ることができ豊かな自然を感じられる夏休みに最適のスポットかなと感じました。ぜひとも魚野川で川遊びしてみたいですね~