登山装備の必需品。ファーストエイドキットは何を揃えればよい?中身を紹介します

登山で実際どんなケガや体調不良が起こるかといえば、私的に「腹痛」と「膝痛」が最も多く、次に「虫刺され」と「靴擦れ」です。切り傷や擦り傷はあまりないと思いますがファーストエイドキットを用意しておくと安心ですね。

ファーストエイドキット

ファーストエイドキットが入っているケースは他人から見ても救急用品だとすぐにわかるもの、なおかつ防水性の高い入れ物が適しているかなと思います。
中に何が入っているかすぐにわかるジップロックなどの防水性の高い透明チャック袋でも良いです。

イスカ ウェザーテックポーチ1

イスカ・ウエザーテックポーチは赤い色で防水性の高い箱型のチャック付き、キンチャクのように型崩れしにくくバンドエイドなどのシート類の収まりがよいので愛用してます。

ファーストエイドキットの中身

ファーストエイドキットはケガをしたときだけ使うものなので、使わないものをたくさん詰め込みすぎると重くかさばってしまいます。下山するまでや救助を待つまでの間の手当ができれば良いという考えなので、 軽量性を考慮しキットのアイテムは厳選しています。

実際にケガをすると出血や痛みでテンパってしまい、細かい作業ができなくなることが多いです。ソロ登山など他人の手を借りずに処置する場合にはサッと取り出してパッと張ることができるデカめのバンドエイドやテープなどが地味に役に立ちます。

止血にはヘモスタパット

縫うくらいの外傷ともなると、出血も相当なものになるので、素早く止血できるヘモスタパットを1枚用意しておくと安心です。テープ類は劣化してべたべたしたりくっつかなくなりやすいので1年毎に新しいものに交換すると良いです。

三角巾、包帯、テープ

三角巾、包帯、テープなど汎用性の高いアイテムは傷のあて布や、患部を縛って固定するなど幅広く使えるので各1つずつはそろえていたほうが安心ですね。

刃先の丸いハサミ・毛抜き

包帯やテープをカットするハサミは衣類と粘着テープ類をサㇰっと切ることができるものが良いです。メディックシザーが最適なんですが、重量を軽くするために小さめのハサミを用意していても良いです。
紙切りハサミのように先がとがっているものは衣服を着る際に危険なので✖

小さいトゲが刺さるとずっと痛くてしんどいのでトゲ抜きがあると良いです。

バンドエイドが便利

ケガをした状態でとりあえずソッコーで簡単に張れるバンドエイドを数枚用意。バンドエイドは靴擦れ防止のパットとしても優秀。プラスチックテープで補強して使うと効果的。

薬を充実させる

常備薬を入れるピルケースは必修。できればパッキン入りの防水防湿仕様のケースかチャック袋が良いのです。ファストエイドケースが防水性の高いものであれば普通のケースでも大丈夫。ロキソニンなどの解熱鎮痛剤、胃腸薬、足のつり止めなどを用意します。虫刺されのかゆみをとめるステロイド系軟膏もあると安心。

保険証のコピー

保険証のコピーや持病のある場合の病名・かかりつけ医院、緊急連絡先を記入したカードを作りチャック袋に入れておきます。

できるだけ重量を抑える

ファーストエイドキットはあまりにも充実すぎると重くなりますし、アイテムを少なくしすぎると少し心配になります。総重量300g程度を目安に揃えていくとよいかもしれません。

まとめ

ファーストエイドキットは頻繁に使うものでもないので装備を揃えるときに後回しにしてしまいがちですが、登山中の不意のケガや体調不良に備えておいても損はありませんね。今回、必要最低限的なファーストエイドキットの中身を紹介してみました。