軽量トレッキングポール リーズナブルプライスのカーボン折り畳み式Zポールを使ってみた

下山時の膝痛対策として非常に有効なトレッキングポールですが、

登りではザックにくくりつけておいて、下山時のみ使うという方も多いと

思います。

コンパクト収納のZ型カーボン製のトレッキングポールですと

重量負担が少なくザックからはみ出ない程度に収納できるため

日帰り登山などで使いやすいんです

レキやブラックダイヤモンドのカーボンZ型ポールはびっくりするほど高価ですので購入には思い切りが必要というもの。

そんななか、超軽量カーボン製のZ型ポールで良いものはないかと探してみたところ、

一流メーカーの半額程度で良さげなものを見つけましたので購入してみました

この製品は1本売りで、2本注文する必要がありますがそれでも安いです。

パイオニアという聞いたことがないメーカーのものでしたが

つくり自体はレキのマイクロバリオと酷似していましたので、

値段の割に使いやすそうだなというイメージです。

メッシュの収納袋が付いてきますが1本用なので2本入れられるケースを別途購入

汚れたポールでザックのポケットの内を汚さないためにもケースはあったほうがいいです

継ぎ目のアルミ補強の精度が高いうえに内部の連結ロープのテンションが高いため、

思ったよりガタ感が少なく振りやすい。

連結時の剛性、ストッパーの固定力、各作動部のスムーズさ、満足のいくレベルです。

115㎝から最長135㎝まで調整可能。

下山時では長くする必要があるので軽くて長くできるポールは助かります

グリップはレキのサーモライトと似た形状。 様々な握り方に対応するロングタイプですね。

ほとんどの調節機能付きアルミZ型ポールは計ってみると2本で500gを超えるが

カーボンは持った瞬間軽っ!となる500g以下。長さ固定タイプはさらに軽い。

24ℓのBDボルトのサイドポケットに入れてみると、

このように非常にコンパクトに収まります

実際に低山で5回ほど使ってみましたがアルミと比べて軽さが際立ちます。

特に125㎝以上の長い設定で使うと、振った際にアルミでは重さが残るも

カーボンだとレスポンス良く振って歩けます。

耐久性の面では、地面を着いたときには若干のしなりや、

リバウンドを感じますがこれはアルミのZ型も同じですので

テレスコピック型よりも強度に劣るZ型では仕方がない部分はありますね。

ですが下山中終始グニャ感は感じず剛性を保ったままでしたので

安心して使うことができました。

2本で1万円弱のZ型カーボンポールはなかなか貴重な存在だと思います。