キャンプで活躍するカセットガス缶 使いきったカセットガス缶の処分方法 100円ショップで買ってきた穴あけアイテムを使ってみた

使い切ったカセットガス缶なのですが、キャンプ場によってはガス缶を廃棄する場所が確保されていたりしますが、ほとんどのキャンプ場では空ガス缶はお持ち帰りとなることが多いと思います

あたりまえのことなんですが、キャンプ場でガス缶に穴あけをしてから、車に乗せて自宅に持ち帰るのはやめましょう。以前、クルマの中にガス臭が充満しなかなか取れないこともありました。

缶に穴を空けたとしてもガスはすぐには完全に抜けきらずに液体状のまま残ってしまっている場合もありますから、臭いだけでなくかなり危ないんですね。ガス缶は空になったとしても、キャップをつけて輸送するのが安全です

一昔前には持ち帰ったガス缶に穴を空けて空き缶として処分していましたが、最近はガス缶を「穴あけせずに」回収する方向にシフトしている自治体が増えてきました。穴あけ禁止になっていることに気が付かないこともあるので、住んでいる地域のルールを確認してみるとよいでしょう。

ガスが入った状態で穴をあけると、ガスが噴出して途中で止まらなくなり危険ですので絶対におやめください。
ガスを抜く時は、屋外の火の気のない風通しの良いところで、カセットボンベのキャップを外し、先端を下にして、先端部をコンクリートなどに押し付けてください。そうすることにより、ガスが抜けていきます。ガスが出なくなった後、振っていただき、「サラサラ」とした音がしなければガスが抜けて空になっています。 ガスを抜いた後は、お住まいの地域自治体のごみ出しの取り決めに従って廃棄ください。

出典:岩谷産業

ガスを抜くことができるガス抜きクリップも市販されています

私の住んでいる地域は「穴あけが必要」なので、ガス缶に穴を空けて完全にガスを抜く作業が必要になってきます。

いつもペンチやペグなどをぶち込んで穴あけをしていましたが、今回はスマートにガス抜きをするべく、100円ショップで購入した「ガス抜きプッチン」を使用してみたいと思います。

ぱっとみ何に使うのかよくわからない外観ですが「GAS」というプリントが自己の機能を主張しています。

ガス缶に穴を空ける金属部分がカバーされた安全でスマートな構造により、別にケースを用意する必要に迫られることがない、すばらしい構造です。

カバーを開けて画像のようにガス缶のフチにフックを掛け、グリップを押し込むとあっけなく穴が開きます。穴が開く際に「プッチン」という音が出ますので穴うまく開けたというサインになります

空いた穴は少し小さいため、ガスが抜けきるまでかなりの時間がかかります。ガスが抜けきるまで屋内には入れないようにします。

OD缶( OutDoor缶)にも穴あけしてみましょう
ちなみに、カセットガス缶はCB 缶(Cassette Gas Bombe)と表記されることがあります。

あっけなく「プッチン」完了。ぜんぜん力がいりません

ガス抜きの際は以下の注意点(あたりまえですが)を守りましょう

①風通しの良い火気の無い広い屋外で行う

②ボンベのガスを完全に抜いてから穴を空ける

ブタンガスは空気より重いため換気をしてもなかなか掃けていかないこともあるので注意ですね。