上越市『大池いこいの森キャンプ場』 池に囲まれた芝サイトでゆったり過ごす ロケーション最高の無料キャンプ場

大池いこいの森キャンプ場は、「大池」「小池」の2つの池がある森林公園に隣接するキャンプ場です。
第1、第3、第4の3つのキャンプ場とビジターセンターと、それぞれ離れた位置にあり、ナビで「大池いこいの森キャンプ場」と入力すると、受付となるビジターセンターより最も離れた第1キャンプ場に案内されてしまうことが多いので注意です。
大池いこいの森キャンプ場を利用する際に、
まずは「大池いこいの森ビジターセンター」を目指しましょう。

大池いこいの森ビジターセンター・
キャンプ場情報

北陸自動車道柿崎インターチェンジから車で20分 ほどで目的地に到着。大潟スマートICからでもよいですが、柿崎ICの近くには「道の駅 よしかわ杜氏の郷」や「長峰温泉 ゆったりの郷」があるので寄ってくるのもよいでしょう。

ビジターセンター入口
ビジターセンター

営業期間
4月上旬~11月下旬

営業時間
9:00~17:00(予約がある場合は午後10時まで)

定休日
月曜日・国民の祝日の翌日・年末・年始 
(キャンプ受付は翌日でも可能)

利用料金
テントサイト無料

利用時間
フリー

その他
薪(端材)1束350円  

予約・お問い合わせ
大池いこいの森ビジターセンター
電話:025-530-3160

ビジターセンター前の橋を渡った向こう岸に第4キャンプ場がありますが普段あまり使われていないそうです。

ビジターセンターと第3キャンプ場の間に駐車場アリ。キャンプ場前の駐車場が混雑しているときはこちらに停められます。

人気の第3キャンプ場

こちらは大池いこいの森キャンプ場を代表する人気の第3キャンプ場です。大池に突き出た小島をサイトとしているため、静かで雰囲気よいのが特徴。車道をはさんで向かいが駐車場とトイレになっています。

車道から見た入口
キャンプサイトへのかけ橋
全体にフラットな芝サイト

想像以上に広くきれいなフリーサイトです。ここまでロケーションの良いサイトで近くに駐車場とトイレがあり無料なのですから人気があるのもうなずけますね。直火は禁止なので焚火台を用意しましょう

洗い場
かまど
橋の方向を撮影

広いサイトにテントが1張り。平日は結構すいています。

釣りをしたくなりますが残念ながら釣り禁止だそうで。また、池に侵入禁止なので当然ボートやカヌー遊びも不可となります。

松林の手前のサイトもよさそうです

松林の直下は松ヤ二やまつぼっくりなどの落下物が多いのでテントを張るのはおすすめできませんがデイキャンプではタープいらずで日陰ができるので快適です

島の先端にある東屋
トイレ
多目的トイレ
駐車場

駐車場が狭いので休日はすぐに満杯になります

第1キャンプ場

第1キャンプ場駐車場

第1キャンプ場駐車場を過ぎた先の山道は細い酷道となりますので、通行はおすすめできません。

いこいの森入口

いこいの森第1キャンプ場に向かう入口。6月上旬に松くい虫予防のため場内立ち入り禁止の予告看板が立ってます。

休憩施設・トイレ

林道を歩くとすぐにトイレ棟が現れます。きれいに掃除されており不快感はありません。キャンプ場からトイレまで近いので便利です

ビジターセンターから遠く離れています
第1キャンプ場

松林の林間キャンプサイトエリアが広がっています

第1キャンプ場
第1キャンプ場

第4キャンプ場

第四キャンプ場はビジターセンター前の橋を渡り遊歩道を少しあるいたところにあります。

ビジターセンターから橋をわたります

橋からの景色もなかかなのもの。

橋をわたるとすぐにキャンプ場までショートカットできる小道がありますが狭くて急登なので道具を持っていくのはしんどいでしょう。少し遠回りになりますが遊歩道を歩いていくこともできます。

キャンプ場方面への分岐点にトイレがあります。ヤバそうなトイレですが内部は掃除が行き届いており実にきれいでした。

キャンプサイトは狭めで棚田のようになっています

キャンプサイトが 歩道に面しているので人通りがあります

サイトの少し先に炊事場があります。

まとめ

池に囲まれた第3キャンプ場が最もおすすめ。素晴らしいロケーションとフラットな芝サイト、トイレと駐車場が近く利便性も高いです。これだけ良い条件がそろっていながら利用料金が無料というのが魅力ですね。
第1キャンプ場と第4キャンプ場は駐車場からサイトまでが遠く荷物の搬入に難があり、サイトが薮っぽくなってきますのでファミキャン向きではなくどちらかというとエキスパート向けといえます。

日帰り温泉や道の駅にも近いためおすすめのキャンプ場です