三条市『中浦ヒメサユリ森林公園』静かな山間の穴場的キャンプ場。

三条市中浦地区にある市営キャンプ場『中浦ヒメサユリ森林公園』を散策してきました。

基本情報

所在地・アクセス

住所955-0113 新潟県三条市中浦143番地

燕三条ICより約60分

キャンプ場情報

  • 営業期間4月〜12月(天候等により、変更する場合があります)
  • 定休日:木曜日
  • 施設:管理棟:9時~17時(食堂・売店・トイレ)、シャワー棟、炊事棟
  • オートサイト:80区画(AC電源なし)一部車の乗り入れ可
  • バンガロー:5棟(AC電源、冷蔵庫、エアコン)
  • ペット:可能/リード必須

利用料金

  • テントサイト :日帰り 500円、 宿泊 1,000円
  • バンガロー(1棟) :日帰 り2,500円、 宿泊 5,000円
  • 釣り堀 釣竿(えさ付) —1人1時間300円
  • 薪400円
  • レンタル:鍋200円、また板包丁セット100円、ざる50円、
    ボール50円、やかん100円、皿30円、鉄板500円、ガスコンロ600円

キャンプサイト利用時間

  • チェックイン/チェックアウトフリー
  • 日帰り:フリー

バンガロー利用時間

  • チェックイン:15時/チェックアウト:10時
  • 日帰り:9時~17時

キャンプ場お問い合わせ先

電話(0256)46-4997
冬期閉園時連絡先 (0256)34-5717
中浦ヒメサユリ森林公園(三条市サイト)

キャンプ場向かう途中に湧き水スポット

県道471号線沿いにある黄金清水という湧き水スポットを経て

目的地のヒメサユリ森林公園に向かいます。

ヒメサユリ森林公園入口

公園入口の駐車場。小屋と看板が目印です

右折してすぐ駐車場ですので迷うことはないでしょう。

60台ほど駐車できる広い駐車スペース。
駐車場横から上へ伸びる小道は管理棟とキャンプサイトまでつながっています。

公園の案内看板

キャンプエリアを周遊する軽登山道があり

森林ウォーキングを楽しめます。

保安林、わんぱく広場への階段

駐車場すぐ横の丘の上にバンガローエリア

駐車場脇に遊具

この日は平日だったため閑散としてます

遊具のあるエリアの上方に管理棟があり、

管理棟へは舗装路が通じており車でも行けます。

駐車場横の川に沿って舗装路が敷いてあるのが見えます。

駐車場の先にある管理棟

管理棟内にはレストランがあります

管理棟前のベンチにテントが設置してありちょっとした食事スペースにも利用できます

管理棟内のレストラン

清潔感のあるログハウスのような造りですね

テーブルの他に座敷席もありました

管理棟の隣にBBQができる東屋

管理棟裏のフリーキャンプエリア

スタッフにキャンプエリアはどこですかと聞いたら

どこでも好きなところに張っていいとの事。

管理棟裏に広がるキャンプエリア

ここは昔、パターゴルフ場だったらしく、

棚田のようなキャンプエリアが広がっています。

管理棟裏の舗装路を登っていくと

キャンプファイヤーサークルと木でできたアスレチックがあり

ここにはかなり広大なスペースが広がっています

棚田みたいなサイト。

段差が急で高さがあるので注意が必要でしょうね。

どのサイトも比較的フラットでテントを張る場所を選ばない感じです

釣り堀でしょうか。錦鯉が泳いでいるのが見えます。

一番奥の最大広さのキャンプサイト。

ここだけで軽く50張りできそうなくらい広い

東屋がありますね

水場があります

最奥最大のテントサイトで静かそうで

快適に過ごせそうですけど難点はトイレが遠いということ

キャンプサイト間にある舗装路は歩きやすいです

コインシャワー完備

バンガローエリアに向かう途中、東屋がありましたが

その裏側はコインシャワー棟になっています

きれいな木造のシャワー室ですね

1回200円だったかと思います

高台にあるバンガローエリア

バンガローというかもはやコテージ並みの豪華さです

バンガローエリアから駐車場を望む

買い物は三条市内で済ませたほうがよい

ここヒメサユリ森林公園は

設備が整いきれいに管理されていて、利用料金が安く静かな環境ですので

穴場的なキャンプ場かもしれません。

ただし、買い出しできるような店が周辺にないので

三条市内で買い物を済ませて来たほうがよいでしょうね。

ファミリーキャンプもいいのですが静かなキャンプ場でソロキャンをしたいなと思います。