CW-X スポーツタイツ ジェネレーターモデルを膝痛持ちの私が履いて効果があるか試してみた

ショートパンツの下に履くロングタイツの中で最も高性能な

『CW-X スポーツタイツ ジェネレーターモデル』を数回使ってみた感想。

CW-X スポーツタイツ ジェネレーターモデル

 

CW-Xのコンプレッションタイツには腰から脚までをフルガードのジェネレーターモデル、

ひざ・腰をガードするスタビライクスモデル、ひざをガードするエキスパートモデルがあります。

ジェネレーターは腰回りまで厚手のサポート生地が張り巡らされ強固に腰回りをサポートします。

サポートタイツの弊害

登り始めはサポートされている感を感じ

おおっ!足上げ軽っ!となりますが問題は下山時です

あくまで私の場合ですけど、サポートタイツを履くことによって

下山時に膝痛が悪化してしまいました。

どういう事かと考察してみますと、

タイツの圧着力により膝蓋骨(お皿)が圧迫され

炎症を起こし下山開始直後すぐに痛みが出るという状態。

下山直後に痛みが出るということは、

登りで何らかのダメージを負っていると考えられます。

強い圧迫で良いこととよくない事

CW-Xのジェネレーターはテーピング状に縫い込まれたサポート生地以外の場所も

強く圧迫しますので、膝のお皿の可動を抑制してしまうようです。

私は脚の筋力が強くはないので、サポートタイツの圧迫に負けて

痛みが出てしまっているという結果になってしまいましたが、

登山と比べて膝の屈曲が小さいスポーツ、例えばランニングやなどでは

タイツ本来の強固なサポーティング性能を発揮し、

抜群の安定感を得られるでしょう。

疲労軽減効果を体感できる

膝痛とは別に、ふとももやふくらはぎの疲労軽減には効果アリです

過度の筋肉痛まではサポートできないでしょうけど、

翌日の筋肉の疲労が明らかに減少しているのを感じます。

まとめ

タイツの圧迫は疲労軽減にはなるが、強すぎる圧迫は膝の可動を抑制し

痛みが出やすいという結果になりました。

 

タイツに負けない筋力をつけるか、他のものに買い換えるか、

サポーターかテーピングか。。

膝痛完全克服までまだまだ続きます