キャンプギアを収納するアルポスのアルミコンテナ。内部のキズ防止にパンチカーペットマットを張る。

キャンプギアを収納するアルミコンテナ人気ですね、1つ欲しいなと思ってましたが人気のダルトンやヒューナスドルフのコンテナは常に在庫切れ状態のようで買うことができません。

そんななか、お手頃価格でルックスもイケてるのアルミコンテナを見つけたので購入しました。

ALPOS ALUMI CONTAINER
アルポス・アルミコンテナ 蓋付き

W582 D385 H262mm 4.4kg 47L

ALUPOS : アルポス
ヨーロッパの航空貨物輸送にも採用される質実剛健なつくりのアルミコンテナを生産するスロベニアの専門メーカー。

TRUSS

アルポスのアルミコンテナは神戸のセレクトショップTRUSSから購入。

alpos alu のロゴがエンボス加工されてます。 

海外製ということもあり細かい小傷やへこみなど多少ありますが使っているうちに傷だらけになるのであまり気にしません。

フタはバックルでロック可能。

両サイドとフロントにハンドル付き。ハンドルはバタつかない仕様になっており車載時にカタカタ音がしません。

サイズ感はユニフレームのフィールドラックに乗せてジャストな感じなのでサイトレイアウトもしやすいでしょう。

自重4.4kgとプラ製のBOXよりも重くはなります。
無印のボックス大2.8kgと比べ1.6kgの差はありますが、ハンドルをしっかり持てるので重さは感じません。

かぶせフタの密着する部分にはパッキンが付いているためある程度の密閉性は保てそうです。フタに補強は入っていないのでスタッキングには向いてませんね。

内部はアルミ素材むきだしの状態なのが気になったため、キャンプギアやコンテナ内部を保護するカーペットを敷いてみることにしました。

DIYでよく利用する「エコパンチ」カーペット。ホームセンターコメリで購入。

2mで十分ですがなにかと便利なので3m買ってしまいました。

カーペットはハサミやカッターナイフで簡単にカットできます。まずはじめにおおまかな型どりをして最終的に現物合わせしてぴったりハマるように微調整していきます。

内側側面の高さ22㎝に合わせてカーペットを帯状にカットします

コンテナの内側四隅に両面テープを張り内周に合わせてカーペットを張ってみて余分な長さをカットします。

型どりが完了したらカーペットを取り外し、コンテナの内側に両面テープを張っていきます。張り替えも考慮すると強力な粘着力は不要なので薄くて粘着の弱い安い両面テープで十分。

ちょっと合わせ部分のスキマが気になりますが内部を保護するのには十分でしょう。

内部にカーペットを張ることで気になるキャンプギアとコンテナの擦れがなくなりました。防音効果もありガチャガチャ音もほとんどしなくなるのでおすすめです。

関連記事

アイキャッチ画像:楽天 スノーピーク シェルフコンテナ アルミ製ではありませんがメタルコンテナの定番といえばスノーピークシェルフコンテナ。25と50の2サイズあり「開いて積む」ことができる独特のギミックを持つ頑丈なスチ[…]