小っさ!ミニサイズの電動ポンプ。FLEXTAILGEAR TINY PUMP(フレックステイルギア・タイニーポンプ)ソロキャンプのエアマット用に買ってみた。

荷物をコンパクトにしたいテント泊登山やソロキャンプで、寝心地を犠牲にせず軽量化を図ることができるのがエアマットですが膨らますのが大変。 そんなエアマットの空気入れとして電動ポンプがあるととても簡単に膨らますことができます。

電動ポンプは電池やモーターを使う構造上重くなりがちですが、「FLEXTAILGEAR TINY PUMP (フレックステイルギア・タイニーポンプ」は単一電池よりも軽くコンパクトなサイズで、軽量化したキャンプ装備に入れておきたいアイテムの一つです。

FLEXTAILGEAR TINY PUMP
  • 重さ:80g
  • サイズ:43mm ×43mm× 53mm
  • バッテリー容量:1300mAH
  • 充電時間:2.5時間
  • 使用時間:15分
付属品一式
取説

フレックステイルギアのエアポンプは付属品が充実してますね。

本体とアタッチメントのほかに収納ポーチや充電用USBケーブルまでセットされてます。

アタッチメント

本体の空気吐出ノズルに差し込んで使うアタッチメント4種と、本体の空気吸引部に取り付ける真空バッグ用のアタッチメント1つ。

空気を抜くことができるのは真空バッグのみというところが少し残念。

空気の吸引部内部にはプロペラが見えます。左側の細いノズルから風が出ます。ポンプというよりはブロア(送風機)の構造なので、風を吹き込むことができますが圧力をかけることはできません。マットをパンパンに膨らますには最後に一息吹き込む必要があります。

本体の底面にスイッチがあります。1回押しただけでは動作しません、2回押しで動作します。誤作動防止ですね。

充電コネクタはmicroUSBかと思っていましたがよく見るとType-Cですね。

TINY PUMPに付属のラバーノズルは様々なタイプのエアーバルブに対応し、ネオエアーのバルブにフィット。ただし、固定機構はないので空気を入れているときには、すっぽ抜けないように押さえている必要があります。

ネオエアーのショートサイズを45秒でパンパンに膨らますことができ、驚くほどのパワーがあります。クラクラになりながら息を吹き込んで膨らましていたのは何だったのかと思えるほど。非常に楽です。

単一電池がおよそ130g、 TINY PUMP付属品一式で119gと電池より軽いです。 ポンプ単品だと100g以下という軽さ。ネオエアーのショートとあわせても384gほどです。これだけ軽いとテント泊に持て行ってもなんの負担にもなりませんね。ランタン付きのモデルも存在しているので、テント内の照明としても使いたい場合そちらを選んだほうが良いでしょう。

しんどい空気入れが楽になる、超小型エアポンプFLEXTAILGEAR TINY PUMPの紹介でした~。

オートキャンプやファミリーキャンプは少し大きめでパワーもあり、空気抜きもできる「MAXPUMPpuls」のほうが使い勝手が良いです。

関連記事

キャンプでインフレータブルマットを使用していましたが、最近どうもエアマットのほうがよく眠れます。エアマットは寝心地が良いのですが空気を入れるのが大変ということもあり、ついに電動エアポンプを導入することにしました。 評[…]