巨大マダイが釣れる堤防、ハッピーフィッシング直江津で遠投カゴ釣りやってみた。

ずーっと前から行こうと思っていた「ハッピーフィッシング直江津」で連日マダイが釣れているとのこと!さっそくカゴ釣りのタックルを用意していってきました。

カゴ釣りとはコマセを入れたカゴを遠投して深いタナにいるマダイを寄せて釣る合理的な釣法。 シンプルな仕掛けでそれほどコストもかからずアジ釣りのタックルを転用することですぐに始められるのが魅力ですね。

使用したカゴ釣りのタックル

竿:ダイワ ロングサーフT30号
リール:ダイワ レブロス LT6000D-H
ライン:激安8本撚りPE 3号(40LB)
ウキ: AMANOバージョン パトリオット 18号
カゴ:ダイワ ジェットカゴM 15号
クッションゴム:2mm×30㎝
ハリス:サンライン 船ハリス6号
針:ヤイバ 食わせマダイ11号

コマセ:オキアミブロック3kg
サシエサ:生イキ君3L

  • 100m程度の飛距離を出せるタックルが理想的。ブッコミ釣りで使っているロングサーフT30を使用。飛距離は軽く100mを超えますが重くて疲れます。遠投磯竿4~5号のほうが適してますね。
  • リールは5000~6000番のスピニングを使用。400g以下の軽いものを推奨。
  • ラインは力糸無しでキャストしても十分な強度、80㎝クラスのマダイにも余裕の強度のPE3号を使用しました。キャスト時に指への負荷が大きいのでフィンガープロテクターは必需品です。
  • ウキは空気抵抗の少なく飛行姿勢の安定する形状のものにすると飛距離が伸びて絡みなどのトラブルが少ないです。
  • カゴは流体抵抗を受けずらい形状で故障の少なそうなダイワのものを使用。投げ竿を使用したので重めの15号を使用。
  • 投げ竿で伸びの少ないPEラインを使用するためクッションゴムは必要。
  • ブッコミ釣りで使用していた6号ハリスを使用。
  • 3Lサイズのオキアミを2匹掛けしやすい大き目の10~11号針を使用。

ハッピーフィッシング直江津は2年前に一度だけ訪れたことがありウキフカセで黒鯛を数枚釣った記憶があります。今回、初めてのカゴ釣りなので楽しみです。

関連記事

上越市直江津黒井第三堤防。ここはクロダイやマダイを堤防から狙える超一級ポイント。 その黒井第三からさほど遠く離れていない距離にある、タンクの先の堤防が「ハッピーフィッシング」有料釣り場となっております。 悪天候[…]

前日から並び車中泊

前日の18時ころ現地に到着しましたが既にゲート前に車列ができています。。平日なのにすごい人気の釣り場です。25台目に並ぶことができましたが先頭車はいったい何時から並んでいたのでしょう。

入場順に釣り座に入るルールなので、良い場所に入るためには前日から並ぶ必要があります。

コンビニで買ってきた弁当を食べたりエアマットやシュラフを広げて車中泊の準備をしてスマホ見ていたりするとあっというまに20時過ぎてしまいました。4時45にゲートオープン予定のことなのですぐに寝ることにしました。先頭車付近のゲートの前にはトイレカーがあるので車中泊でも安心なのです。

順番にゲートを通過して駐車する

車の中でシュラフにくるまっているとまだ暗い3時頃にクルマのガラスをドンドンする音で目が覚めました。何事かと思い警戒しつつ車外を見ると誘導灯を持ったスタッフの姿が見え「前の車について進んでいって」と言ってます。どうやら早めにゲートを開けて入れてもらえるようです。

ゲートの前にはカウンターを持った人がいるので人数を伝えて進んでいきます。駐車スペースに向かう途中ももちろん追い越し禁止、順番に駐車していきます。

釣り道具の準備をしているとスタッフが周ってきて「安全設備の設置のため釣り場解放に少し時間がかかります」と釣り場解放まで少し待たされることに。先に釣り人をゲート内に入れて安全設備を設置する作戦のようです。天候によって設備の設置など左右されるうえに少ない人数で運営するのは大変なのかもしれませんね。

受付を済ませて釣り場に入る

5時ちょい過ぎたころに安全設備の設置が完了し受付開始、マスク着用、密を避けるため管理棟には5人ずつの少人数での受付体制となります。料金を支払い受付をしてやっと堤防に向かうことができました。ポイントに向かう際には前の人を追い越し禁止、順番に釣り座に入るルールになってます。先端付近に入りたかったのですが既に埋まっていたため曲がり角手前の外海側に釣り座を構えます。

混雑しているためカゴ釣り中断

両サイドの釣り人とは結構近いので仕掛けが絡むトラブルが頻発しやすいです。

隣の釣り人と仕掛けが絡むためカゴ釣りの継続は不可能と判断し、仕方なく足元でウキフカセ釣りをすると30㎝ほどのクロダイが釣れました。続いて30㎝ほどのメジナとシマダイが掛かり常になにかしら釣れるので退屈しません。でもやっぱりカゴ釣りのタックルを用意してきたしマダイを釣りたいんですよね~。

カゴ釣り再開

15:00頃、隣のオッチャンが帰られるようでこれはチャンスです!釣り場が広くなります。早速カゴ釣り再開です。海況は波高0.5m、向い微風、仕掛けを100mほど飛ばします。

飛ばせることはできるのですがカゴ釣りは初めてなのでハリスが絡んだりウキが絡んだりとトラブルが多かったですが16時くらいからコツをつかみうまくトラブルを回避できるようになりました。

カゴ釣りのタナ

とはいっても本日18時に終了とのことなので、時間的にあまり余裕がありません。ウキ下を約15mに設定するとどうもアタリが遠のくような気がして50㎝ほどウキ下を上げてわずかに海底から少し上らへんをサシエサが漂うイメージで調整します。お隣の黒井突堤でウキフカセ釣りでの黒鯛の特性なんですがハリスを這わせるよりも海底から少し浮かせると食いが良くなるというパターンを試してみました。

終了間際にマダイが掛かる

タナを調整すると1投目からウキが一気に消し込まれて竿までひったくられていくアタリが出ました。慌てて竿を立ててみるとグィングィンという重量感のある引きが!間違いなくマダイです。しかもソコソコデカい!30号の投げ竿なのでマダイにパワー負けすることはありませんがラインブレイクが怖いのでゆっくり寄せて浮かせてくるときれいなピンク色のマダイの姿が見えてきました。

滑り込ませるようにタモ入れするとさすがに重い、62㎝3kg超えのマダイでした。終了間際に掛かったマダイでしたので超うれしかったです!

まとめ

  • 場所取り合戦がきつい 5月~のマダイシーズンになると前日の15時くらいから並び始めている模様、18時着で25台目、入場番数は35番でした。前泊で駐車可能なのは敷地内のみで約30台ほどまで(車道で並ぶのは禁止とのこと)。
  • 釣り人密状態 釣り人同士が近くオマツリ多発して釣りにならないこともある。
  • 遠投有利、食ってくるタナがシビア。マダイを数枚釣っている方は100mほど遠投していました。アタリが出るタナが刻一刻と変化するようでウキ下を頻繁に調整して様子を探るのがよさそう。
  • 80㎝オーバーも何枚か上がっていましたので相応のヘビータックルで挑むのが良いです。