間瀬漁港で夜のウキフカセ釣りを堪能してきた!パワー全開の秋クロダイは強烈な引き!

新潟は9月下旬から雨の日が続いていましたが

日が差し釣り日和となりました。15時まで所用をすませて

夕マズメから夜にかけて秋のクロダイを狙いに行ってみました。

低気圧の影響で波と風が少し強い予報ですので

場所を選ぶ必要があるかもしれません

フィッシャーズでコマセを買う

新潟の竹尾にある大型釣具店、フィッシャーズでコマセを買っていきます

候補ポイントに向かう

第一候補ポイントの新潟西港突堤の付け根、

L字堤防を覗いてみると、

テトラが波をかぶっています。

テトラがない場所は5mほど飛沫が上がっていますので、

釣りどころではありません。ここは無理です。

高波なので他のポイントを探す

予報では新潟中部方面の波は小さいみたいなので、

寺泊方面へ向かいます。

途中にある日和浜堤防、関屋浜堤防は高波で無理。

新川漁港は実績が少ないのでパス。

巻漁港は平日にも関わらず混雑していて

良いポイントに入れませんのでやめます。

間瀬漁港へ

間瀬漁港は秋のクロダイの実績も上々、

予報通り波がほとんどないですね

サビキ釣りの人が多く、のどかな漁港といった雰囲気

手のひらサイズのクロダイが入れ食い状態に

秋は小型のクロダイが群れて回遊する時期なので

コマセを撒くと入れ食い状態になります

だんだんサイズアップしていく

コマセでクロダイの食いを立たせると大型が小型を蹴散らしていくので

釣れるサイズがアップしていくことが多いです。

食いが落ち着き静かになる

日が沈んだ後も小型クロダイが釣れ続きます。

しばらくするとエサ取りと小型クロダイのアタリがなくなり、

妙に静かになるときがあります、

その時こそ大型が周ってきている可能性が高いのです。

そこで追いコマセを大量に打ち込み、仕掛けを同調させます。

そうすると、今までとは比較にならないパワーでロッドを絞り込まれます

40㎝のクロダイ

春ののっこみ期とは違い、秋のクロダイは餌をたんまり食べて体力がついているのでパワー全開!久々にパワフルな引きを堪能できました。

釣りデータ

晴れ・中潮・波1m・濁り有り

間瀬漁港 17:00~19:30

堤防テトラ 水深4.5m

コマセ マルキュー チヌパワームギスペシャル1袋・オキアミブロック2kg

サシエサ・オキアミGクリル

仕掛け

東レハイポジションフロート2号・遠矢ウキ300s・樽型オモリ0.8号・

トルネードVハード1.5号・HOウルトラ競技チヌ3号