黒鯛のウキフカセ釣りを始めてみよう フローティングベスト

黒鯛のウキフカセ釣りは小物が多くなるため

ポケットが多く付いた収納力の高い

フローティングベストは欠かせない装備です。

安全性を考慮しスパイクブーツとあわせてまず最初に揃えましょう。

機能をまとめてみました

 

・海に落ちたときの救命具として

黒鯛釣りは堤防や磯で釣り座を構えることが多くなるため

落水の危険性は高まります。特に堤防などでは海面から5m以上の

高さであることがほとんどのため、落水してからすぐに上がることが

できません。また、波が少しでもあると何かにつかまることすら

ままなりませんのでフローティングベストの着用か否かでは

溺れるかどうかの確率が大きく変わりますので絶対に着用しましょう。

 

・タックルボックスとして

黒鯛のウキフカセ釣りは小物が多くすぐに取り出せる

ベストの中に道具を入れておくことで手返しが良くなります。

ベストの使い勝手次第で釣りが快適になるかどうかが

かなり変わってきますので使いやすいものを選ぶとよいでしょう。

 

・ファッション、防寒着として

フローティングベストは好きなメーカーやカラーでレインウェアと

コーディネートしやすいので気に入った組み合わせだとテンション上がりますね。

また、防風性能が高くあるとないとでは防寒性能に大きく差が出ます

真冬の釣りではかなり違いが出ますね。夏は暑いかと思いますが

実は断熱性が高いため直射日光に強く身体に熱を伝えないので

猛烈に暑くなることはあまりありません。

フローティングベストは高級機種になるほど、細かい改良が施されており

着ていて疲れず快適ですので、予算が許す限り良いものを購入

することをおすすめします。

 

いつも着用しているダイワのプロバイザーフローティングベスト。

浮力体分割式、肩ベルト、背面換気機能付きで非常に快適。

撥水素材で汚れがつきにくくメンテナンスが楽です

細かいところではジッパータブがリング状でものすごく使いやすい。

普通のタブみたいにつまんで引く必要がない

ポケットの数が圧倒的に多い。大型ポケットの中にはさらに

小さな内ポケットがあり小物収納に困ることがないです。

ラインカッターはこのようにポケットの穴からピンオンリールのヒモを通し装着したほうが良い

ピンオンリール先端のスナップをポケットの穴を通せる小さいものに交換しておく

こうすることでラインカッターが何かに引っかかって外れることがほとんどなくなる。

収納力の高いフローティングベストには小物をたくさん詰め込みたくなるが

重くなると肩こりがひどくなるので最小限のものに留めておいたほうが良い。

ウキケースなどのケース関係は使わないほうが意外と便利だと気が付き

手返しが早くなったりします。

スペアの仕掛けやウキケースはベストに入れずロッドケースの中に入れておきましょう

 

各社フローティングベストを集めてみました。