スパイクブーツにインソールを入れてクッション性能向上!立ちっぱの釣りが快適になります。

釣り用のスパイクブーツはピンの凸凹が足裏に伝わることもあり、1日中履いて釣りをしていると足裏が痛くなってきたりすることもありますね。

そんなときにブーツのインソールを変えると効果抜群、足の疲れが軽減されます。

インソールの価格はピンキリですがホームセンターで売っている500円くらいのものでも十分に効果は高いです。プロ仕様のアイテムが揃うワークマンでインソールを買ってきました。

長時間立ちっぱなしの釣りをすることが多いので、クッション性の高い厚みのあるものを買いました。

表面は滑りにくい素材です。これ重要。

スパイクブーツのように不整地を歩く履物のインソールは表面が滑りにくい素材であるかが選ぶ際のポイントになります。滑りやすい表面素材のインソールはブーツ内部で足が安定しないので歩行時に疲れます。

ヒールをホールドする厚みのあるカップインソールを備えているため歩行時の安定感が増し疲労を軽減。これが500円ほどで買えてしまうのですからコスパ抜群です。

裏側のデコボコはソールの間にスキマを作り通気しやすくなってます。シューズならば効果はあるでしょうけど、空気の循環しない長靴に使う場合はあまり効果は期待できないでしょうね。

長靴のムレやすい問題に対してはメリノウールの薄手の5本指ソックスと厚手のソックスと重ね履きして積極的に吸湿したほうがムレ感は減少しますね。

純正のインソールは驚くほど薄く貧弱な作りで数回履いただけで画像のようにボロボロになってました。厚みもほとんどなくクッション性は皆無です。

比べてみるとワークマンのインソールのほうが数段厚くクッション性が高そうですね。

インソールを入れて履いてみるとフワフワしていてすごく気持ちよい。別の履物に生まれ変わりました。長靴と足とのフィット感が高く歩きやすいです。

ただ、インソールの厚みがあるぶん、足入れは少し窮屈になりました。履き込んでなじむまで少し窮屈感が残るかもしれません。気になる場合にはインソールの厚みが少し薄いスポーツタイプのものを選ぶと快適になります。

インソールを交換すると足の疲労軽減に効果アリ。コスパの高いおすすめの改善です!