お湯をキープできる断熱ジャグで寒い時期のキャンプを快適に

ウォータージャグというと、夏に冷たい飲み物や水をキープしておくものというイメージがありますが、 寒い時期のキャンプでお湯をキープして使うことができます。

寒い時期のキャンプでは凍てつくほどに冷えた水を使うのはしんどいものがありますし 小さい子供連れのファミリーキャンプでは 常に温かいお湯が使えるサイト環境はすごく助かることが多いです。

おすすめは小さいジャグの二個使い。5ℓ前後の容量の小さいジャグだと軽くて水汲みしやすく扱いやすいです

コールマンのジャグは保冷専用のため、お湯を入れるのは推奨されないとのことを最近知りました。。ですが、給湯器から「ちと熱いかな」程度のお湯を入れて使う分には全く問題なく、実際、お湯を入れて使い続けてもなんら不具合もないので熱湯を入れなければ問題ないレベルなのかと思います。

とはいえ、温度高めのお湯を長時間キープしたいときはやはり日本製の保温対応のジャグが良いでしょう。

保温対応のジャグは熱湯を入れても大丈夫なように、内側がステンレスなどの熱変形に強い素材が使われていたりします。

保温性能の高い断熱タイプのジャグは容量に対して本体の大きさと重量が大き目なので、10ℓ以下のものを選んだほうが良いですね。5ℓクラスの小さ目のジャグだと持ち運びや車載するにも使い勝手は良くおすすめ。

寒い時期のキャンプでお湯を保温できるジャグは是非とも揃えたい快適アイテムになります。