もう高価なソロテントはいらない?! リーズナブルプライスのテント NatureHikeネイチャーハイクという選択

ネイチャーハイク。あまり聞きなれないメーカーですけど高品質な素材を使ったアイテムを揃えリーズナブルプライスを実現した中国のアウトドアメーカーです。ソロテントにおいて特筆すべきは超有名メーカーとほぼ同等の生地が使われていることと、超軽量という点です。

前から一人用のテントが欲しいと思っていたのですが有名どころの品は4万円台とけっこうなお値段。

素材や縫製のすばらしさは確かなものでしょうけど、正直高いというのが率直な印象です。

独特の構造 アライテント オニドーム

テントフロアが台形で長辺の最も長い部分が230㎝というロングサイズ設計。
独特のフレームワークによりペグダウン無しで前室が出来上がります
インナーとフレームから直接ロープを引きペグダウンできるので最強クラスの耐風性があります

定番モンベルのステラリッジ

安心のスペックにリーズナブルプライス、モンベルのアフターサービスによって長く使い続けられる定番のステラリッジテント。本体とフライシートは別売りです。 こちらもインナーとフレームから直接ロープを引きペグダウンできるので耐風性があります

ヘリテイジの超軽量テント ハイレヴォ

日本の登山用テントメーカー、ヘリテイジの 超軽量テント、 ハイレヴォ は総重量1kg以下とオーソドックスなクロスフレーム構造のテントとしては最軽量クラス。日本の気候に合ったWウォール仕様の超軽量テントは快適な荷物の軽量化を可能にします。

気になるテント、ニーモアンディ

米国生まれのニーモ。シングルウォ―ルテントでありながら大きな前室を備え、アウトフレーム構造により素早い設営を可能にします。

軽さと快適さ最高ランク ニーモ ホーネットストーム 


以前のホーネットのインナーをメッシュからノーマルタイプにモデルチェンジして2019年ホーネットストームになり新発売。快適なWウォールテントでありながら総重量1Kgを下回る超軽量テント。

広々ロングサイズ プロモンテVL

ロングサイズの設定のあるプロモンテVL。スリーブとフックを併用したインナーは悪天候下での設営に有利です。鮮やかなブルーのフライがきれいです

かっこいい MSR ハバNX

マウンテンセーフティリサーチMSRのハバNXは張り姿がかっこよくフィールドに映えます。独自のフレームワークのテント内は大柄の方も狭さを感じにくい設計です。メッシュインナー仕様なので肌寒い時期の高山には向いていませんが夏 は快適です。

ゼログラム エルチャルテン1.5P

韓国メーカーゼログラムのライトウェイトテント。インナーがモノフィラ生地でできており通気性と撥水性を実現しています。アウトフレームの2ウォ―ル構造は快適性と設営の素早さを両立しています

NatureHikeネイチャーハイク ソロテント

上記、軽量かつ高剛性の一流テント群ですが、さすがに価格も一流ですね。
どんどん価格帯を下げていきますと、NatureHikeネイチャーハイクというメーカーが出てきます

ネイチャーハイクのテントを購入

悩んだ末、↑このテントのライトグレーを購入

どのようなものが届くのかドキドキものです

早速届きました。

生地の触り心地や
ポールのカチャカチャ音なんかが高級テントとたいしてかわらなく
テンションが上がります。細部をみていきましょう

 
届いたもの一式
 
テント本体、ポール、フットプリント、ペグ&ロープ
PETボトルと大きさを比較
フライとインナーをコンプレッションすると半分くらいになります
 
スタッフサックにハンドルが付いています、地味ですが使い勝手を
考えられた仕様ですね。
 
次にポールを見ていきましょう
赤とグレーにアルマイト処理されたポールなので向きを間違えることなく設営できますね。
 
傷や変形などは一切なしです。グロメットに差し込む先端部分
 
パーツの加工精度は良好です
きれいに段付き加工、面取り処理されています
 
ポールのインロー継ぎ部分。
パッツンって一瞬で繋がり、精度的なものは高級テントとなんら変わりません
 
 
各パーツの実測値フライ・インナー
 
フライとインナーで772g。
 
ポール 457g
 
グラウンドシート 60g
 
ペグ&ロープ 156g
 
合計 1445g
これはモンベルステラリッジ1の重量とほとんど変わりません。
価格を考えると驚異的なスペックです
 
 
早速設営してみましょう。

スタッフサックに設営手順書が縫い付けられています
日本語ではないうえにモノクロの取説ではよくわからないですね。

軽量化のため切り取ってしまいましょう。

フットプリントを広げます

広げて気が付きましたが台形ですね、幅が広いほうが頭側です

このテントは対角にポールを差し込む一般的なクロスフレームではなく

うお座型フレームです。


フレーム交点が2か所であるため、このような組み方になります。
交点を結び自立イメージを作ってみます

ここらへんは手を放しても

自立するクロスポールフレームのテントのほうが設営しやすいですね。

素早くインナーのフックを掛けて自立させます

グラウンドシートとインナーにフライを付けるパーツが付いているので

インナー無しでもシェルターとして使えるようです。

グラウンドシートはペグで固定して、

インナーのグロメットにポールを差し込んでいったほうが

設営はしやすいですね

フライシートをかぶせます

 
フレーム上部2か所、交差する部分2か所、紐で結びます

フライシートとボトムを連結しテンション調整します

魚のように見えませんか?

ここまでで5分~10分くらいでできると思います

ポールの組み方が独特ですが向きさえ間違わなければ

非常に簡単です。また、このタイプのフレーム構造のテントは

頭上ひろびろで居住性が良いですね。

細部をチェックしていきます

スライダーの動作良好、いまのところ噛む気配はありません。

反射材付きのパーツでインナーとフライをきれいにまとめられます

フライから張り綱を引けるループがついています

頭側にあるベンチレーター。つっかえ棒式ですね

メッシュインナーなのに通気性良すぎ

天井にフック付き

ボトムのシーム処理

ペグとロープ
1.5mmロープ2m×4
150mm6gペグ8本  1本6g、かなり軽いですが
実用に耐えうる強度を有してます。

このテント
これだけのスペックで、売値12000円ほどです。なんというコスパの高さでしょう。

有名メーカー製テントならば、別売りのフットプリントだけで5000円近くになりますが、ネイチャーハイクは付属してます。

メッシュインナーのため夏限定テントとなりますが、良い買い物をしたと思っています