少し肌寒い時期の登山ウェアを揃える。ソフトシェルとあわせるインナーレイヤリング

アウトドアで着るウェアで「ソフトシェル」という上着を一枚持っていると一年中着回せて快適になります。

ソフトシェルは適度に防風効果と通気性を併せ持っており、小雨程度ならば防ぐ撥水効果もあります。

少し肌寒いんだけど運動をすると汗ばむみたいな中途半端な時期に着用することが多く1枚持っていると便利です

ジャージみたいな素材感ですがそれ以上によく伸びて体にフィットするので、クライミングなどのテクニカルな動作を要求されるアクティビティでも多く着用されています。

実際、腕まわりのツッパリ感はほとんどなく動きやすいため普段着としても非常に快適なウェアですね

登山ではより多くの汗をかいてしまいますが ソフトシェルは適度に通気性を保っているため、冷気を防ぎつつもウェア内のムレを逃がすことができるため不快な汗冷えを最小限に防ぐことができるのが特徴。

単体での保温性は高くはないので春~秋は薄手のソフトシェル、冬は厚手のソフトシェルと使い分けて、気温によりインナーにフリースやサーマルウェアなど保温性の高い中間着を着るとより快適度が上がります

ソフトシェルの下にストレッチ性の高い薄手のフリースを着込むとごわつきがなく保温性が高まります。

保温着は温度調節しやすいようにジッパーでフルオープンできるタイプのフリースやサーマルジャケットを選ぶとよいかもしれません。


ウールや保温性の高い素材を使用したインナーと合わせると0℃近い環境でも快適にハイクを楽しめるほどになります。


肌に直接触れるインナーはドライナミックかスキンメッシュを着ると汗冷えを軽減することができ、少し肌寒い時期には必修の装備といえます。

メッシュインナーと保温着、ソフトシェルの組み合わせを選択することで少し肌寒い時期の登山を快適に過ごすことができるでしょう。
おすすめのアウトドアウェア、ソフトシェルの紹介でした