サーマレストネオエアーとダウンシュラフイスカエアー280で快適車中泊

釣りや登山の前日入りで車中泊をすることがありますが

わが家の車はシートを倒すと一応、就寝スペースはできがあるものの

でこぼこが大きくて横になってもとても快適とは言えない状態になります。

この状態を解消するために、市販のフルフラットマットやベッドの自作を

考えてみましたが、費用や工数がかかることから、手持ちのアイテムを使って

快適化してみることにしました。

 

そこで登山やキャンプに使っている、サーマレストネオエアーを敷いてみました。

ネオエアーは半身用の短いものですので、収納サイズが小さく軽いです。

 

大きなでこぼこをフラットにするまでには至りませんがしたが

エアーのクッション性と柔軟性ででこぼこをうまくいなしています。

その上に寝てみるとマット無しとは比較にならないくらい快適です。

 

9月下旬ともなると、車中泊に快適な気温になってきますが、

早朝はめっちゃ寒いです。最低でも毛布くらいはないと寒くて眠れません。

寒さ対策として、ダウンシュラフを掛け布団として使います

仮眠時でも、何かはおるものがあると気持ちが安らぐので、

ブランケットもあるとおすすめです

 

シュラフはイスカエア280。

ダウンを280g使用したシュラフで、単体使用で快適に使えるのは、

気温10℃程度までなのではないでしょうか。

カタログスペック上は2℃まで使えるそうですが、

ダウンズボンとダウンジャケットを着込んで、

かろうじて寒さをしのげる状態になるでしょう。

 

ダウンシュラフは少し大きめの袋に押し込んで、

コンプレッションすると手早く収納できるので後かたずけが楽です。

化繊シュラフでこれをやると早くヘタってしまいます

 

車中泊や長距離ドライブの仮眠などで、マットやシュラフがあると大活躍します

フルフラットマットやベッドには及びませんが、

わりと快適に寝ることができましたので満足できました。