キャンプの蚊やり(蚊取り線香ホルダー)6選。。でも結局ダイソーの蚊やりを買いました。

キャンプ場には「虫」がいますが森林香を焚いて虫を寄せ付けないようにしたいものです。

森林香を焚く際には専用のケースやペグに引っ掛けて設置しますがお気に入りのサイトを彩るオシャレ感のある蚊やりを使いたいですね。そんな少し気になる蚊やりをいくつかチョイスしてみました

ド派手なブタの蚊やりが私的に気になりますが陶器なので運搬にちょっと気を使いますね。スチールやステンレス、ブリキなどの金属製のものや、ウッドのナチュラルテイストのものまでいろいろあり、迷ってしまいます。

ですがなにげに立ち寄ったダイソーに良さげな蚊やりが売っていたのでさっそく買ってきました。

アブや蜂などの多いキャンプ場だと、森林香を3~5個ほど焚くこともあるので、とりあえず3つ用意しました。他にダークグレー色もありましたが野外で目立たなそうなので買いませんでした。

足元やテーブル上、ロープに引っ掛けるなどして森林香を設置する際にはやはりフタ付きのものが安全で小さい子供と一緒のキャンプでも安心ですね。

森林香を焚くとケースの煙出口付近はベタベタなヤ二でこげ茶色に変色していくので100均のものを1シーズンごとに買い換えていってもよいかも。

野外の虫よけとして絶大な効果を発揮する森林香。

専用のケースは腰にもぶら下げることもでき、スペア森林香をセットすることもできて非常に使い勝手が良いので必ず持っていきますがいくつも揃えるとけっこうなお値段になるので100均アイテムで代用できればお財布の負担が軽くなりそうです。