登山で使いやすいアウトドアで活躍するおすすめモバイルバッテリーを紹介

アウトドアにおいてスマホやカメラを多用するうえでバッテリー切れという心配がつきまといますが、各種機器に充電が可能になるモバイルバッテリーの存在は心強いものです。とくに荷物を軽量化して持ち運ぶ登山では、できる限りコンパクトで軽量なモデルを使いたいものです。


スマホを1回程度充電できれば良いといったようなエマージェンシー的な使い方だと5000mAh以下のでも十分ですが実際、スマホを多用すると最低でも10000mAh程度のモバイルバッテリーがほしいところ。
2泊以上のテント泊やスマホ・カメラを多用する場合には20000mAh以上あると安心です。
ただ、大型なバッテリーになるほど大きく重くなるのが悩ましいところですね。

ポート数が少なく出力の低いものは軽量になる傾向があります。ポート数が多く充電給電時間の早い機種は若干重めになりますが非常に便利です。microUSBとtype-Cポートが混在しているので変換アダプターや変換ケーブルを使用して手持ちの機器に対応させるとよいですね。

日帰り登山のエマージェンシー的に使える軽量モバイルバッテリーです。小さいポーチなどにもすっぽり収まりますがスマホを多用する場合は容量不足感があります。荷物をとにかく軽くしたい場合にはおすすめですね。

10000mAhもの容量がありながらも182gと非常に軽量。スマホを多用する日帰り~1泊程度まで対応する信頼性とコスパの高いモバイルバッテリー。5年以上使っていますがトラブルがありません。実用的なモバイルバッテリーとしてかなりおすすめできます。

大容量な26800mAhものスペックでありながら308gと圧倒的な軽さのモバイルバッテリー。山行途中で充電のできない2泊3日のテント泊にも対応します。スペック通りの容量があるか少し怪しいところもありますが実際、スマホやカメラ類を多用しなければ、日常使用で5日くらいは十分使用可能な容量があるので20000mAh以上はあると思われます。電池残量インジケータが電源ランプの色表記なので少々わかりにくいのが難点。

若干重いですがパススルー対応で充電も早くポート数も多いハイパワーかつ多機能の20000mAhモバイルバッテリー。充電可能なルートや山小屋泊では最強のモバイルバッテリーといえるでしょう。比較的低温でも安定した出力をキープできるので登山やキャンプなどのアウトドアの使用では最もおすすめ。ノートパソコンへの急速充電に対応するさらにハイパワーの60Wタイプもラインナップされています。

モバイルバッテリー本体を急速充電しつつ、カメラのバッテリーなどのにも給電できるパススルー回路を搭載。
コンセントを一人1口に割り当てられる山小屋では一度に多数の機器に給電できるので便利です。

バッテリーの残量表記が数字なので非常にわかりやすく安心感があります。

モバイルバッテリーを充電するACアダプターは急速充電に対応する小型なものほど軽量ですが発熱しやすい傾向にあり、ケーブルのコネクタ部も発熱しやすくなります。
充電中は放熱を考慮して覆ったり何かに触れたままにしておなかいほうが良いですね。

モバイルバッテリーなどの電子機器は湿気や衝撃を嫌うため防水性とクッション性のあるケースに入れて持ち運ぶと安心です。モンベルのプロテクションアクアペル0.5ℓは非常に防水性が高く内側にクッション性のあるメッシュ生地を内蔵しているため衝撃をある程度吸収します。モバイルバッテリー等の電子機器を収納するのに適したケースです。

関連記事

主に登山やテント泊で小物を入れているモンベルのポーチを紹介します。 U.L.MONO ポーチ M U.L.MONOポーチMは超軽量で丈夫なシルナイロン生地を使用したA5サイズ対応のショルダー[…]

スマホやカメラに給電できるモバイルバッテリーはもはやアウトドアで必修の装備といえるでしょう。
個人的には「軽量」「寒冷環境に強い」「ポートにフタが付いている」「カラビナなどを通せるループ付き」などのアウトドア仕様のモバイルバッテリーがあれば速攻で買いたいと思います。

アウトドアで活躍するモバイルバッテリーの紹介でした~