『Made in TSUBAME 』ブラックシェラカップのシンプルさがかっこいい

アウトドアな雰囲気満点のシェラカップはキャンパーならば誰しもが1つは持っているアイテムなんじゃないでしょうか。シェラカップは直火にかけることもでき、お湯を沸かしたり飲み物を温めることもでき便利です。計量カップや食器としても使うことができ、1つ持っていると使う機会は多いと思います。

シェラカップはアウトドアメーカーより多く発売されていますが、金属加工品を地場産業とする、新潟県燕市の燕商工会議所が認定するブランド「Made in TSUBAME」のシェラカップの佇まいがシンプルでカッコよかったので購入しちゃいました。

多くのシェラカップの底面にはメーカー銘やロゴが型押しされていることがほとんどですが、ブラックシェラカップはまっさらの状態。潔いほどにシンプル。

炭のように真っ黒な全身は熱に強いシリコン塗装で直火OK。

裏面にはMade in TSUBAMEのロゴがプリントされています。よくみると「燕」ですね。 底面なので使ううちに消えてしまいそうですがパッド印刷という技法で金ラメのインクを使い熱により強固にプリントされているみたいなので耐久性は高そうです。

職人の作り上げた製品はどことなく味わいが残り、こだわりのプレスの角度や曲げ加工の仕上がりが素晴らしく、用の美そのもの。有名アウトドアメーカーのクッカーの多くがツバメの工場で作られているというのも納得。

関連記事

エバニュー チタンウルトラライトシリーズ ソロトレッキングで袋ラーメンやパスタ、カレーなど充実した食事を 山頂で食べるために揃えたクッカーです。 エバニューのウルトラライトシリーズはチタン厚み0.3mmを使用した世界最軽[…]

シェラカップはステンレスやチタンなどの素材のものが多いですが、表面加工をしていないものは、汚れが落ちにくく、直火にかけて使うにつれ、汚れや変色が目立つようになってきます。まあ、それはそれでエイジング感を楽しめるのでしょうけど、洗いやすさなどのメンテナンスの点では表面加工してあるもののほうが楽ですね。

キャンプ用品だけでなく、キッチン用品や日用品も豊富に揃えている
Made in TSUBAME 。燕三条の金属加工製品を体験してみてはいかがでしょうか