JINSのくもり止めレンズがスゲェ。圧倒的くもり止め効果に驚愕した

ここ最近、インフルエンザの流行やのどが乾燥するのを防止するため

マスクをしていることが多いのですが、外出時や仕事で

寒い野外などでは眼鏡レンズのくもりが頻発して視界を遮られ、

コケそうになることも多々あります。

まあ、実際凍った道で盛大にコケました。

そんなこんなでJINSで新しく眼鏡を新調し

くもり止めレンズで作ってみることにしました。

画像出典:JINS

くもり止めレンズは+5000円のオプションとなります

少し高いと感じますが

くもり止め剤を塗る手間が省けるのなら妥当と自分に言い聞かせます

画像出典:JINS

親水系のコーティングだと思っていましたが撥水系のコーティングと吸水性ウレタン樹脂のハイブリッドコーティングみたいですね。

親水系コートだとけっこうデリケートで、専用の洗浄剤でメンテナンスする必要があるみたいですが

JINSの撥水&吸水樹脂コートだと普通のメガネ拭きでメンテできるらしく、めんどくささがなくてよいですね。ちなみにくもり止め効果は1年~2年だそうです

今回購入したのは5000円のフレームに曇り止めレンズ+5000円追加の合計10800円でした

くもり止め加工を施したレンズはどのくらいの効果だと申しますと、マスクをして寒い外で出歩いても一切曇ることがなく常に視界がクリアな状態を保てていました。眼鏡をかけてうどんを食べてみても全然曇りません。

実際にどのくらいの差があるのか実験してみました

くもり止め加工ナシのレンズ
JINSくもり止め加工レンズ

その差は歴然、一目でその差がはっきりと表れました。

これだけくもり止め効果が高いと、いままでアンチフォグやクロスでフキフキしていたのは何だったのかと思えてくるほどでした。これで雪道でコケる心配はなくなりました。あとはどれだけ効果が続くのか耐久性の問題でしょう。

いや~、もっと早く買っておけばよかった