Klymitクライミット・インシュレーテッドスタティックV。ソロキャンプ初心者にもおすすめ。通年使えるキャンプエアーマット。

キャンプの快眠になくてはならないマットの中でもクッション性が高くコンパクトに収納できるエアーマットは人気です。

いろんなエアーマットがあるなかでも独創的なフォルムのクライミット「スタティックV」シリーズはコスパが高く丈夫で扱いやすいのが特徴。

スタティックVのなかでも冬でも使えるほどに保温性の高いインシュレーテッドスタティックVを紹介します。

KLYMIT Insulated STATIC V
クライミット インシュレーテッド スタティックV

  • 重量:680g
  • 使用時サイズ:183 x 58 x 6 cm
  • 収納サイズ:20 x 13 cm
  • 素材:75Dポリエステル
  • R値 :4.4 

インシュレーテッドスタティックVはエアチャンバー内部に中綿を封入し、R値を向上しているため底冷えの厳しい寒い時期のキャンプに対応。

冬用マットとはいえ適度に通気性を保つV型エアチャンバーにより、夏でも暑苦しくなく通年使用可能という点がすばらしい。

従来のプッシュプルバルブからフィリップバルブになり、よりエアー抜きが簡単になりました。

中綿入りのため収納サイズがエアマットにしては少し大き目ですが同程度のR値をもつインフレータブルマットよりかは全然コンパクトに収納できます。

重さは680gもあるので登山やテント泊で持っていくには少し重いですね。道具をコンパクトにしたいオートキャンプに最適。

収納袋内のポケットにリペアキット付属。

カタログスペックでは収納サイズ20㎝×13㎝となってますが実寸で大幅に上回ってます。

海外製品あるあるで収納袋が大きめに作られているのでこうなりますが、コンプレッションするとカタログ表記ほどまで小さくまとまります。

マットの表側の生地はザラザラした滑りにくいノンスリップ加工が施されており少しくらいの斜面で就寝してもズリ滑っていきにくいのが特徴。マットを選ぶ際で重要視するポイントです。

新たに採用されている「フィリップバルブ」。

フィリップバルブは一方向にしか空気が流れないよな仕組みになってます。INFLATE表示のときは空気を入れるときの向きです。

真ん中の黒いポッチを押すと微妙に空気が抜けるので好みのエア圧の調整が簡単。

V形エアチャンバーのため必要な空気量が少なめとはいえフルサイズのマットなので20回以上息を吹き込む必要があります。充電式のエアポンプ、フレックステイルギアのエアポンプなど使うと簡単に膨らませます。

エアポンプに付属していたラバーアタッチメントがバルブの頭にちょうどハマりますがすっぽ抜けやすいので手で押さえて固定する必要があります。フィリップバルブ専用のアタッチメントがあるといいんですけどね。

関連記事

キャンプでインフレータブルマットを使用していましたが、最近どうもエアマットのほうがよく眠れます。エアマットは寝心地が良いのですが空気を入れるのが大変ということもあり、ついに電動エアポンプを導入することにしました。 評[…]

電動エアポンプだと30秒かからずにパンパンになり早くて楽です。

一般的なレギュラーサイズのエアーマットの横幅は約50㎝と若干狭めですが、スタティックVはレギュラーサイズで横幅58㎝と幅広く、サイドに張り出したエア室のおかげで腕が落ちたり横寝で足が出たりとかしにくいのが良いところ。

バルブのキャップですが開け閉めががちと硬い。強く押し込まないとパチンと閉まりません。

スタテックV独特のVチェンバー構造はスキマが多く厚み6㎝とさほど厚くはないためマットの上に手をつくと底付きすることがありますが、横寝したときは底付きはせず寝心地は安定していて心地よいです。

裏側は滑りにくいピーチスキン加工。生地はエアマットとしては厚手の75Dを使用しているため若干重くはなりますが、パンク耐性が高く安心感があります。

マットの保温性は高いですが冬期や雪上ではクローズドセルマットと断熱性の高いシートと組み合わせて使うと安心です。

関連記事

Z折りのクローズドセルマットは中華製品を含めると数多くのものが発売されていますが、その中でも「サーマレスト・Zライトソル」と「ニーモ・スイッチバック」の2ブランドは高価ですが人気が高いですね。Zレストとともに気になっていたスイッチバックの[…]

関連記事

キャンプや登山などで地面に敷くシートなんかは100円ショップの レジャーシートやブルーシートでいいじゃないかとは言わず NASAが開発したオールウェザーブランケットを使ってアウトドア通ぶりましょう。 オールウェザーブラン[…]

フィリップバルブを搭載しているため空気抜きはとても簡単。

黄色いバルブのPress Here Flip と印字されているところを強めに押すとバルブが回転してバフっとエアーが一気に抜けます。

バルブをDEFLATEに切り替えると空気は抜けますが入ることはなくなります。

プッシュプルバルブだとこの逆流防止弁がないので開けたり閉めたりして逆流しないようにエアーを抜いていくという小技を使うこともありますが、フィリップバルブだと空気の逆流がないのでロールするのに集中できて良いです。

電動エアポンプを吸気に切り替えて脱気すると真空パックみたいにペッソリするのでさらに簡単にたためます。

冬用マットは収納するとどうしてもかさばりがちになりますが、軽く小さく収納可能なエアーマットなら荷物になりません。

重量はそれなりにありますがコンパクトになるのでソロキャンプギア一式をバックパックに詰めてちょっと遠い静かなサイトまで歩いていくってことも容易です。

klymit(クライミット)インシュレーテッドスタテックVは保温性が高く通年使えてリーズナブルなので導入しやすいおすすめのエアーマットです。

底冷えする季節に対応する断熱性の高いインサレーションタイプ。ノーマルタイプよりも若干重く価格も高くなりますが底冷えを防ぎます。

ノーマルスペックのスタティックV。耐久性の高い生地を使用したコスパの高いモデル。暖かい時期にしか使わないというのならリーズナブルなこちらがおすすめ。

ノーマルのスタティックVの生地を薄くして軽量化したモデル。生地がうすく中綿は入っていないので保温性は低い。暖かい時期専用。荷物を少しでも軽くしたい場合にはこちらがおすすめ。