Snow Peakフラットバーナー。スノーピークなのにお買い得なシングルバーナーです。 

いままではイワタニマーベラスをメインバーナーとして使っていましたが、スノーピークのアイアングリルテーブルにジャストフィットの「フラットバーナー」が気になっていました。

マーベラスも10年近く使っていてそこら中がヘタってきたため、思い切ってフラットバーナーを購入しました。

シンプルな収納ケースに入ったフラットバーナーは36㎝x8㎝x25㎝にコンパクトに収納され、1.9Kgとそれなりに重量はありますが、カセットコンロよりはだいぶ小さく軽くなります。

分解パーツを直接ベルトで留めるという収納方法なのでガチャガチャせずに持ち運べて良い感じ。

分離式のシングルバーナーと大型のゴトクが一緒になったような部品構成ですが、最大の特徴はIGTアイアングリルテーブルにセットできるいうことですね。IGTにセットしてだけではなく、付属の脚を取り付けて単体での使用も可能。

組み立て方法はいたってシンプル。
ステンレスのトッププレートの 穴にバーナー部分をはめて、ゴトクをセットするだけの簡単セッティング。

部品をここまで分割できると、汚れやすいトッププレートやゴトクもつけおき洗いできるのでメンテナンスしやすいですね。

IGT以外で使う場合にはトッププレートのサイドの穴に脚を差し込みセットします。

脚には 滑り止めと傷防止 のチューブが通っており、テーブル上で使いやすくなっています。差し込んだ脚は適度にテンションがかかった状態をキープできるので不意に抜け落ちることがなく安全。

ゴトクを乗せてセット完了。ちゃんと位置出し穴にゴトクを差し込んで固定されているのでズレることもありません。

フラットバーナー組み立て完成の図。

みてのとおり、フラットで低いバーナーのため、安定感抜群。大小様々なクッカーで調理しやすく、シングルバーナー&ゴトク以上に使い勝手は良さげです。

フラットバーナーをIGTにセットしてみましょう。脚は使いませんので取り外しておきます。

脚を取り外したバーナーをIGTに乗せますが、 ガス缶を接続したカートリッジジョイントをIGTのレールに取り付ける必要があります。

ガス缶を横に寝かせる角度でジョイントのフックをレールに差し込み

ガス缶をぶら下げるイメージでゆっくり下げていくとレールにカートリッジジョイントのフックがに引っかかり、完了です。この部分は火力調整バルブと点火イグナイターの役割を果たします。

パーツがバラケているので組み立てがめんどくさいイメージがありましたが、マーベラスやオーソドックスなガス2バーナーと比べても、特別めんどうな作業もなくセッティングは簡単な気がします。

IGTと一体化したフラットバーナーはとても安定感があり、ガスバーナーヘッドが奥まった部分にあるので風防がなくても風の影響を受けにくい仕様になっています。 これで段差のないキッチンができて使い勝手もよくなりそう。

風防を使わないので見た目がスッキリしてスマートな感じになりますね。
ただし、油ハネの大きい調理だとあとで掃除が大変かもしれませんので簡易的な油ガードを用意したほうがいいかも。

ケース内にある金属部品はフラットバーナーのトッププレートの長穴に差し込み、 カートリッジジョイントを直付けするためのものです。 IGTスリムには カートリッジジョイントのフックを掛けるレールがないため、付属のプレートを使用して取り付けます。

バルブとイグナイターが手前にあるので、点火や火力調整するときに安全で便利。 ガスバーナーは3,000kcal/hと十分な火力、 画像の500gタイプのガス缶で/210分、250gタイプで110分の燃焼時間。

プロパンガス配合のイソブタンガス缶、通称スノーピーク「金缶」が使えるため寒い時期にも火力を保持できるので安心。

収納もそれほど難しくなく、構成部品をコトコト乗せていき、

ベルトで絞めて完成です。

IGTを持っている、もしくは買おうと思っていて、バーナー選びに迷っているならフラットバーナーは断然おすすめです。

プライスは税込¥10,780とスノーピークにしてはだいぶ割安感があり、2台購入して2バーナーとして使っても良さげですね。