ユニフレーム2020新製品 フィールドラックステンレス天板ⅡをGetしました。

モンベルショップでユニフレームの2020新製品、フィールドラックステンレス天板Ⅱが入荷していたためすぐさま購入しました。

ユニフレームの人気商品は品薄状態が続くこともあり、欲しいと思ったときには在庫切れで買えないということがあるため、欲しい商品が定まっている場合見かけたときにすぐ買っといたほうが良いかと。

今回リニューアルされたフィールドラック天板Ⅱは熱に強く傷が目立ちにくいステンレス天板のクォリティはそのままに、サイドに金具の出っ張りが追加され、使い勝手が向上したとのこと。金具は収納して使うことも可能で、片側だけ使うこともできます。

単純に金具を追加したように見えますが、天板にはリベットの頭が出っ張らないようにプレス加工されていたり、両サイドのステンレス金具も微妙に曲げ加工されているため天板とツライチになるような設計になっているなど、細かいところに手が込んでいるつくりになってますね~。

しかしこの金具、ストッパーなどがないため思いっきりブラブラ動きまくるのが少々気になります。フチを内側に少し曲げると金具のブラブラは収まるでしょうが、ユニフレームのステンレス板はメチャ硬いのでDIYできれいに曲げるのは難しそうです。。

追加された両サイドの金具にはタオルやシェラカップをぶら下げておくことができこれは地味に便利かも。注意しないと生活感まる出しになってしまいそうです。オシャレっぽいアイテムをぶら下げておくべきですね。

フィールドラック2段重ねと焚き火テーブルの高さと大きさ比較してみました。
ローチェアと合わせて使う高さ、ソロキャンプで使うテーブルのサイズ感にちょうどよい感じです。

フィールドラックの天面にはめたまま収納できるためかさばるなんてことは全くありません。ただし、重量は1.3kgもあるので、複数枚だとズシっと重くなるでしょう。

ユニフレームのフィールドラックトートに、フィールドラック天板Ⅱ×1、フィールドラック×2、焚火テーブル×1を入れてもまだ余裕があります。コンパクトにまとまりますが重量は約7kgとけっこうズシっときます。

耐久性と使い勝手◎のユニフレームフィールドラックのアイテムですが少々価格が高めというのがネックになります。しかし、いまどき珍しく、職人芸のような加工技術をもって作られている日本製の製品としてみれば、価格が高すぎということもないですね。

画像:ユニフレーム

ユニフレームの2020新製品でもう一つ気になるアイテムがフィールドラックメッシュBOX。虫や小動物から食材や道具をガードできそうなのが魅力。発売日は未定ですがすぐにでも欲しいアイテムの1つです。