キャンプで活躍するレザーワークグローブ(革手袋)15選

キャンプでテントやタープの設営、道具の運搬、焚き火などで活躍するグローブは 作業性を重視したフィット感の高いレザーグローブがおすすめ。

今回紹介するレザーグローブは熱いダッチオーブンのフタや炭をつかめるほどの耐熱性はありませんが、適度な耐熱耐火性を有し作業性を重視したレザーワークグローブです。

グローブの素材は丈夫でリーズナブルな「牛革」、適度に厚くしなやかで丈夫な「鹿革」、薄く耐久性の高い「山羊革」、柔らかく作業性の良い「豚革」など様々です。キャンプのワークグローブとしては飛びぬけた耐久性が必要というわけではないので好みで選んでも問題ないでしょう。

オールラウンド的に使いまわせるワークグローブは手を守ることはもちろんのこと、グリップ力にも貢献するので設営や道具の運搬時の労力を軽減してくれます。キャンパーとして1つは持っていたいアイテムですね。

GRIP SWANY グリップスワニー

Oregonian Camper オレゴニアンキャンパー

TONBOREX トンボレックス

tent-Mark DESIGNS テンマクデザイン

CAPTAIN STAG キャプテンスタッグ 

Caiman カイマン

PENDLETON ペンドルトン

Carhartt カーハート

Kinco Gloves キンコ グローブ

Black Stallion ブラックスタリオン

NAPA GLOVE ナパグローブ

Superior Glove

wells lamont ウェルズラモント

PROHANDS プロハンズ

WORKMAN ワークマン

ピッググローブ内綿手袋 1双

レザーグローブはキャンプだけでなくクルマのタイヤ交換やDIY、ガーデニングなどでも使いまわせるのでかな~り便利です。

BBQやダッチオーブン、ピザ窯をいじる際には耐熱性の高いグローブが必要になります。作業性の良いグローブと耐熱性の高いグローブの2種を揃えておくと安心感高いですね。

関連記事

キャンプで焚き火や炭いじりでなくてはならないレザーグローブ。 薄手で短めのグローブは設営などの細かめの作業に適していますが焚き火や炭火いじりの際には、「熱っ!」となることが多々あります。 キャンプグローブは『薄手で作業[…]