スノーピークHQで父子キャンプと秘境感あふれる吉ヶ平(よしがひら)のイワナ釣り堀。下田郷でキャンプ&フィッシングを楽しむ。

2021年9月末日スノーピークHQへ父子キャンプしてきました。

HQの近くの「吉ヶ平自然体感の郷」では釣りや登山を楽しめるエリアがあり、釣り堀でイワナを釣り炉端焼きを楽しんできました。

土砂降り予報なので遅く到着しても空いていると思いきやすごい数のテントのスノーピークHQ。

人気のエリアには張れずEサイトの裏側、Fサイトに設営します。
Fサイトの後ろは傾斜地になっており、レンタルソリでの遊び場と化しますが、天気が悪い日は静かです。

今回は簡単キャンプなので夜ごはんを全く用意していませんので、
車で15分ほどの「いい湯らてい」に行き温泉につかり夕ご飯を食べてきました。

HQに戻るとキャンプサイトに点在するランタンや焚き火の光がキレイに見えます。
夜はやっぱり焚火したいですね。時々雨が降ってきましたが消えることなく燃え尽きました。

翌日は快晴予報で朝から太陽が顔を出します。

Eサイトの奥に本社屋が見えますね。

キャンプ場の朝の散歩は楽しいです。HQにはトレッキングコースもありますが今回はちょっと時間がないのでまた今度。
サクッと撤収して吉ヶ平に向かいます。

マップだと30分くらいで着きそうですが、吉ヶ平に向かう山道で、ゲートを過ぎたあたりから急激に道幅が狭くなり、すれ違いが困難になるので実際はもっともっと時間がかかります。

道が崩れて工事中の箇所が多くかなりの酷道を経てようやく到着。
けっこうな山奥なのでケータイの電波は入りません。
山中のオアシス的な吉ヶ平山荘は建物が新しくキレイ。

山荘はキャンプや釣り堀、フィッシングパークを利用する際の窓口となっており、きれいなトイレがあります。
食事はカップ麺とジュース程度が販売されているのみなので、
飲み物や食料は来る前に少し多めに買ってきたほうが安心です。

吉ヶ平自然体感の郷

「吉ヶ平自然体感の郷」は、四季によってさまざまな表情をみせてくれる大自然と 戦国時代から続く八十里越の歴史ロマンを体感することができます。 施設としては吉ヶ平山荘、釣堀、キャンプ場があり、キャンプ場脇には、「城ノ腰の清水」と呼ばれる名水が湧き出ています。  ご家族、お友達同士で下田郷の魅力を満喫してみませんか。

三条市観光サイト 吉ヶ平自然体感の郷

営業期間  6月1日〜11月15日(積雪状況で変更があり)

利用料金

キャンプ場(1区画)
日帰り(午前9時〜午後7時):1,000円
宿泊(午前9時〜翌午前9時):2,000円

貸出テント(1張)
日帰り(午前9時〜午後7時):500円
宿泊(午前9時〜翌午前9時):1,000円

釣堀(竿含む) 午前9時〜午後5時
大人1,000円
中学生以下500円
※魚1匹300円で買い取り。リリース禁止

吉ヶ平フィッシングパーク

吉ヶ平フィッシングパークのご案内
※フィッシングパークは自然の守門川約1k間にわたるフィッシングエリアです。

吉ケ平自然体感の郷併設 守門川約1㎞間
シーズン終了までの毎日 
平日8:30~17:00
土日祝日6:00~17:00
釣り料金
日券 2,000円
年券 10,000円(免許証サイズ写真1枚必要)
キャッチ&リリース
フライ・テンカラ・ルアー(シングルフック)のみ

山荘すぐ近くにキャンプサイトがあります。
時によってはアブやブヨは少ないですが、基本、山の中なので虫よけスプレーなど必修です。

離れのキャンプサイトが見えます。右側には番屋山守門岳に向かう登山道があります。
ここで前泊してトレッキングするのもよさそうですね。

ちなみに、登山道の途中に大池・雨生ヶ池という池があり見どころの1つになっています。

山荘の裏側に釣り堀池があります。

息子は釣りをしたくて仕方がないので早速、竿をレンタルします。
エサは練りエサで釣りが初めてのお子さんでも扱いやすいですね。

前日にイワナ300匹ほど放流したとのことで、メチャメチャたくさんいます。

すぐ釣れるのは明白だったので、あえてエサを大きめに付けてウキの反応を楽しみます。
しばらくすると針掛かりしました。
イワナはむちゃくちゃキレイな魚体で素晴らしいですね。フィッシングパークの人気があるというのも頷けますよ。


つい夢中になってしまいますが釣り堀で釣った魚は全て買取りになるので釣りすぎに気を付けましょう。

日が昇ってきて人が増えたので食いが落ちましたが、そのくらいで丁度よいほど魚の活性の高い釣り堀でした。

釣った魚は駐車場わきのテントにある流しでさばいて、その場で焼いて食べることができます。

包丁や塩、竹串など用意されています。さばいた際の生ゴミなどビニール袋に入れてお持ち帰りになります。
さばいた魚を持ち帰る際にはクーラーボックスなどあると便利ですよ。

関連記事

ソフトクーラーボックス(クーラーバッグ)は通常のハードクーラーボックスと比べて軽量で持ち運びしやすく、柔軟性が高いため不要なときは折りたたみ収納できてしまうのも魅力。ファミリーキャンプでメインクーラーボックスのサブ的に使いたい場合[…]

ちなみに、テントの後ろにはワイルドなドラム缶風呂がありました。

普段あまり魚を食べない子なんですが、不思議なことに釣った魚はバクバク食べます。


秘境感あふれる「吉ヶ平自然体感の郷」はスマホは使えませんし道は細いので道中少し大変なところもありましたがフィッシング&キャンプを実現できる想像以上に素敵なアウトドアスポットでした。

お次はフィッシングパークで渓流釣りを楽しむのも良さげですね~

吉ヶ平フィッシングパーク

下田郷におけるフライフッシングの楽しみ方

関連記事

スノーピーク キッチンシザーズセットスノーピークのキッチンシザーズセットは高価ですが、なんといっても抜群によく切れて刃持ちもよく耐久性バツグン。ケースに小さいサブナイフも付属しているため対応力の高さも魅力。これは買ってよかったと思[…]

関連記事

パワー森林香セットキャンプではハチやアブ、ヤブ蚊やブヨといった刺されるとヤバい系の虫がたくさんいますが、それらの虫を避ける『森林香』はなくてなならないアイテムですね。森林香は林業や農業のプロフェッショナル御[…]