クロダイのウキフカセ釣りを始めてみよう ロッド・リール・コマセシャク・タモ・ロッドケースを選ぶ

黒鯛のウキフカセ釣りで使うタックルを紹介していきます。

クロダイのウキフカセ釣りで使う竿

黒鯛のウキフカセ釣りでは一般的に4m~6mの磯竿黒鯛専用ロッドを使用します。テクニック次第では3m程度のルアーロッドや投げ竿でもウキフカセはできますが、やはり使い勝手に差が出てきますので磯竿か黒鯛竿をおすすめします。

竿は軽く張りのあるものほど良いですが高価になります。竿の号数は5万円以上の張りとパワーのあるロッドであれば0~1号、コストを抑えたロッドだと少し硬めの1.5号か2号、長さは4.5~5m程度のものが取り回しやすく使いやすいでしょう。

IMガイド

黒鯛竿、磯竿は穂先が細く糸絡みで簡単に折れてしまいやすいため少々高価ですが糸がらみしにくい「IMガイド」や折れにくい素材の穂先を装備したロッドを選ぶようにしましょう。

黒鯛ロッド

磯竿

予備ロッドとしてガイドトラブルのない中通し竿をおすすめ

リール

レバーブレーキ付きリール

ナイロンライン2号が100~150m巻けるスペックのスピニングリールを使います。黒鯛釣りは障害物まわりを狙うことが多く、ドラグをやレバーを緩めてラインを出したりすると黒鯛が根に入りバラシてしまうこともあり強引に浮かせて素早く巻けるリールを選びます。

ラインを出す必要性があまりないので必ずしもレバー付きリールでなくても問題ありません。ただ、レバー付きリールに慣れるとやりとりやタモ入れでのライン出しの微調整がしやすくなり便利な機構であるのも事実です。

自重の軽いリールほど操作性が良くなりますが、軽く回転が良いものは高額になります。

レバー無し

レバー付き

スペアスプール

必ずしも必要なものではないですが2号前後のラインを150m程度ストックできる大きさのスペアスプールがあると釣り場でライントラブルが起きた時に即座に対応できます。スペアスプールは釣具店経由でアフターパーツ購入します。

純正チューンのスプールは高額ですね。

タモの柄

6m前後の長さのものが一般的です。長いほど足場の悪い場所で有利になりますが太く重くなります。軽量で張りが強い柄は伸ばしてもしなりが少ないので非常に操作性が良いですが非常に高価になります。

タモの網枠

チタンやジュラなどいろいろありますがやっぱりステンが丈夫です。

45㎝の枠で60㎝くらいの獲物なら難なくすくえます

コマセ杓

コマセ杓はタックルの中でも特にこだわりを持って選ぶべきです。

ウキフカセ釣りはコマセワーク主体の釣りなので、竿やリール以上にコマセ杓の役割は重要になってきます。

全長、シャフトの硬さ、グリップ、カップ、全体のバランスなど、釣り人に合っていれば必ず釣果が上がるといわれるほどの効果があります。

遠投できるハードシャフトで70㎝以上の長さ、大きめのチタンカップのものがおすすめ。予備とメイン、できれば2本揃えたいですね。

杓とあわせて必ず使いたい杓ホルダー

杓ホルダーに水を入れて使います。杓のカップにこびりつくコマセを洗い流す効果があり、正確なコマセワークと遠投性をに絶大な効果があり、必需品といえます。長い杓には長めのホルダーを使います
長い杓に対応した深めのホルダー

尻手ロープ

尻手ロープは杓の紛失を防ぐアイテム。絡みが少なく軽い力で長く伸びるものが使いやすい 。2m程度伸びるものがおすすめ。

タックルを収納するロッドケース

ロッドケースには他にヘッドランプや予備電池、予備の仕掛けやウキ、グローブ、タオル、サングラスなどを入れておきます。できれば頑丈なセミハードボディで大容量のサイドポケット付きのものが使いやすいです

まとめ

クロダイ釣りはなにかと道具が多く初期投資が必要ですが他の釣りに流用できるものが多く無駄になりません。格安品で揃えても全く問題ないですがコマセシャクだけはシャキッとしているシャフトのしっかりしたものを選ぶと良いでしょう。