2020Gregory Stout 35 グレゴリースタウト35を購入。極上の背負い心地と絶妙なるユーティリティが魅力

2020年にリニューアルされたグレゴリーのスタウトシリーズは細部をアップデートし、さらに使い勝手が良くなりました。また、よりフィット感の高い背負い心地に進化しました。

2020スタウトは35ℓ・45ℓ・60ℓの3種の容量とネイビーとグリーンの2色展開、本国ではオレンジもあるようです。

スタウトの女性用モデル、「アンバー」は34ℓ・44ℓ・55ℓの3種が揃い、レッドとグレーの2色展開となります。

今回、店頭で実際に背負ってみてそのフィット感に魅了され、スタウト35を購入しました。
スタウト35は荷物の多い日帰り登山や小屋泊、荷物を絞ったテント泊などに対応する汎用性の高い容量のザックです。登山初心者のまずはじめのザックとしてもおススメできますね。

ボディには厚めの210Dと420Dナイロンの生地を採用しているため耐久性抜群。雑な扱いにも耐えそうです。グリーンと迷いましたがファントムブルーを購入。濃い目の紺色ですね。シルエットは旧モデルより若干スリムになったようです。本体重量は1270gと昨今の軽量ザックと比べるとやや重めですがユーティリティの充実ぶりからすると決して重くはない自重といえます。

アルミウィッュボーンフレーム

軽量高剛性のアルミフレームを内蔵した背面パネルは15.9㎏までの荷重に対応。グレゴリーのミドルサイズザックには通気性の高いメッシュの背面パネルを採用したズ―ルシリーズがありますが、荷重に対する安定感とフィット感はスタウトが一枚上手といったところ。

比較的軽い装備 の夏のトレッキングでは汗ヌケを重視したズ―ルが快適、背負ったときの安定感を重視する場合や通年使用を想定するマルチザックとしてはスタウトが適しているかもしれません。

通気性の高い3Dフォームのバックパネルとクッション性の高いメッシュパット

昨今のULザックとは対照的なぶ厚いクッションを搭載したショルダーハーネスとウェストベルト。さほど大きく重くない35ℓサイズザックと言えど荷物を詰め込むとそれなりの重さになるのでやはり厚いパットのほうが痛くなりにくく快適です。

バーサフィット・サスペンション

スタウトには背面長調節システムが搭載されており、なんと41㎝~56㎝と段階での調節が可能!

ザックの背面長はワンサイズもしくはS・M・Lといったように大別されていることがほとんどですが、バーサフィットサスペションでは個人個人に合わせての細やかなサイズ調整が可能になり、極上のフィット感を生み出せるのが特徴。

ブルーのコンプレッションストラップが印象的。荷物が少ないときはベルトを絞っておくとザックの型崩れが少ないです。背面パネルが背骨に添うように絶妙なカーブを描いており、 しっかりしたウェストベルトとあいまって 非常に安定感の高い背負い心地になります。35ℓクラスのザックとしては贅沢な背面システムですね~

スタウトの特徴の1つとして両側のウエストベルトにはコンデジやスマホもズッポリの大型ポケットを備えていることです。デカいポケットはほんとうに便利。

両サイドのメッシュポケットには1ℓのボトルも余裕で入ります(画像のボトルは750ml)。かなりの大容量なので入れすぎ注意といったところ。

雨蓋のポケットは容量が小さく多くの物は入りません。

雨蓋の裏側にレインカバー付属。レインカバーって買うと意外と高いので付属しているのはかなりお得です。

ハイドレーションポケットには水バッグを吊るしておけるハンガーもあり機能面の抜かりがありませんね。

底面には840Dの厚手のバリスティックナイロン生地が使用されており特にスレや破れに強くなっています。ヤブや岩場での擦れに気を使う必要がなく安心できます。

ザックの下に詰め込んだ荷物を取り出しやすいポケット。私的には全面のU字チャックやサイドチャックのザックよりもスタウトのような最下層の荷物を取り出しやすい下部チャックのほうが便利で好み。

ピッケルやトレッキングポールなどの長物を固定できるエラスティックループを搭載。

フロントの大型ストレッチポケットは生地を使い分けられており、擦れに対する耐久性が向上。倒木をくぐったりするときなんかでは前面のストレッチポケットが引っかかってケバ立ったりしやすいですが、新しいスタウトは擦れやすい部分がナイロン生地になっているので破れの心配が少ないです。

まるでスキのない作りはさすがのグレゴリーといったところ。デザインとカラーリングが好みであればまず買って後悔することはないでしょう。グレゴリーはリセールも高いのでおすすめですね。