アウトドアワゴンを購入。運び方改革なるか?!

マイカーで乗り入れできないキャンプサイトや公園に荷物を運び入れるときに便利な「アウトドアワゴン」を購入しました。

オートキャンプではほとんど使う機会がないので、子供のイベントや公園でデイキャンなどで荷物の運搬が主な使用目的になります。

アウトドアワゴンはどのメーカーの機種も使用時こそ同じような使い方になりますが折りたたみ方やタイヤの大きさ、ハンドルの取り付け方など細かい部分がメーカーにより微妙に違ってきます。また、 「キャリーワゴン」や「マルチキャリー」などいろいろな呼び名がありどれがよいのか迷いますね

アウトドアワゴンを購入

今回購入したのはChamvisという聞いたこともないメーカーの品ですが収束収納・太いタイヤ・耐荷重100以上と必要なスペックを満たしておりセールで安かったというのもあり思い切って購入しました。

P1090776

収納サイズは思いのほかコンパクトでマイカーに乗せやすそうです。ただ、自重11kgほどあるのでけっこう重いですね。頑丈なスチールフレームで耐荷重100㎏もあれば致し方ない重さでしょうか。

カバーの両サイド2点にベルクロ止めされたベルトを外しチャックを開けて引き上げるとズボっと抜きとれます。

収束された本体を束ねるベルトを外しフレームを開くとあっというまにワゴンの形になります。

底板を敷いてハンドルを伸ばせば完成です。簡単ですね。剛性の高いフレームのようで、ギシギシやグラグラする感じが全くなく安定感があります。

引く方向にハンドルが傾き無理なく進行方向にタイヤが向きを変える構造なのでスムーズに引けて小回りが利きます。この商品を選んだポイントの1つです

オフロードの走破性を高める幅広タイヤ。細いタイヤとの差は砂道を重い荷物を入れて引っ張るときくらいにしか感じないと思うのでこれは個人的な好みです。実際、細いタイヤのほうがコンパクトに収納できますし汚れる面積も小さいのでメンテも楽なはず。

収納はカンタン。センターのつまみをグイって引き上げると全体が収束される仕組み。あとはハンドルを縮めてベルトを締めてカバーをかぶせてると収納完了です

子供が乗って遊んでいるの図。ほんとうに子供はアウトドアワゴンで遊ぶのが好きみたい

必ずしも必要とはいえないアウトドアワゴンですが、公園でタープを張ってBBQなんてときに、荷物の運搬に使うとめちゃくちゃ楽です。これは買って正解だったかも

おすすめのアウトドアワゴンを選んでみた

安心のコールマンのワゴン。タイヤストッパー、荷止めバンド付き。ワゴンをテーブルとして使えるオプションあり。

大容量でありながら軽量化を果たしたDODのアルミフレームワゴン

圧倒的大容量のキャンパーズコレクションのワゴン

悪路に強いオフロードタイヤを装備したクイックキャンプのワゴン

展開、収納が楽にできる、コスパの高いフィールドアのワゴン