asobitoアソビトのテーブルトートバッグL。ファイアグリルと焚き火道具をまとめて収納。

asobitoアソビトのテーブルトートL はユニフレームの焚き火テーブルやフィールドラックの収納にぴったりのサイジング、ファイアグリルや焚火道具も一緒に入る大容量。ハードなパラフィン帆布生地はとてもカッコ良いです。

asobito アソビトとは

ビッグウイングオリジナルブランド「asobito」。
asobitoとは、遊び(asobi)と外(soto)を組み合わせた造語で、アウトドアやキャンプシーンで「あったらイイな」をカタチにするために生まれたブランドです。素材には、撥水加工を施した防水帆布を採用。アウトドアで激しく使っても、経年変化を楽しみながら長く愛用していただけるアイテムをご提供します。
【 もの遊び + 外 = asobito 】
■水や油汚れなども気にせず収納
■使い込めば使い込むほど風合いが楽しめます
■多彩なサイズバリエーション 
■シンプルで飽きのこないデザイン

asobito(アソビト) テーブルトートバッグ( 防水帆布) L オリーブ ab-008

キャメルとオリーブカラーの2色あり、どちらも使い込んでいったときのエイジング感を楽しめそうな色合いですね。どちらも良い色でしたが好みのオリーブカラーを選択しました。

アソビトのテーブルトートLにはパラフィン加工(ロウ引き)の生地が使われており焚き火の火の粉にも強く多少の水気ならば染み込むこともありません。 なた、生地の張りが強いのが特徴で形状を保ったまま自立するほどです。地面に置いてもグニャグニャしないのでテーブルなど入れるのが簡単で良いです。

幅60㎝というサイズは焚き火テーブルやフィールドラックなどの収納にぴったりで焚火で使う大型の風防まで収納してしまいます。マチ幅も十分にあり高さもユニフレームのファイアグリルがちょうど収まる絶妙なサイズです。

ハンドルが短いのと長いの2本ずつ付いているので手持ちと肩掛けできるようになってます。

開き止めは超シンプルな結ぶタイプですが私的には壊れやすいプラのバックルよりもこちらのほうが好み。ほどよくレトロな感じで良いです。

以下のものを収納してみました

  • 焚き火テーブル×1
  • フィールドラック×1
  • ファイアグリル×1
  • tent-Mark DESIGNSツールケース×1(焚火道具)
  • カイマン グローブ
  • キャンプグリーブ風防60㎝ 
関連記事

最初に買ったユニフレーム焚き火テーブルを長く使うほどにやっぱ便利なのを実感しショップの10%OFFの時に2台目を購入しました。 1台目を買ったときはかなり前に(10年くらい前)買ったものだったので、どこで買ったのかパ[…]

関連記事

焚き火を楽しみたいけど風が吹いていて火の粉が飛んで行くか心配。。なんていうときもありますが、そんなときに「風除け」があると安心ですよね。 焚き火台を覆える大きな風除けは主にシートタイプと金属パネルタイプの2種がありま[…]

関連記事

モンベルショップでユニフレームの2020新製品、フィールドラックステンレス天板Ⅱが入荷していたためすぐさま購入しました。 ユニフレームの人気商品は品薄状態が続くこともあり、欲しいと思ったときには在庫切れで買えないということがある[…]

さらにもう1台ずつ焚き火テーブルとフィールドラックが入るほどまだ余裕がありますがあまりキチキチに入れると出し入れが大変になりますね。

焚き火テーブルやフィールドラック、ファイアグリルなどの金属アイテムをこれだけ詰め込むとけっこう重くなりますが、片手でなんとか持てる重さに収まってます。グって持ち上げたりするときにハンドルの縫製が弱かったりするとビリッ!と破けるのではと心配になりますが、そのような心配は無用でした。

パラフィン帆布の風合いが好きでエイジングを楽しみつつ長く使えそうな asobitoアソビトのアイテムはお気に入りです。

関連記事

リーズナブルで扱いやすく安全で明るいLEDランタン全盛の今時ですが、ノスタルジックな佇まいと本物の炎でキャンプサイトを明るく照らす存在感満点のガソリンランタンはいまだ根強い人気を保っていますね。 コールマン デュアルフューエ[…]

関連記事

焚火道具を一式コンパクトに収納できる、tent-Mark DESIGNSテンマクデザインのツールケースを購入しました。 こちらのツールケースは帆布にロウを染み込ませたパラフィン生地のため丈夫で防水性と防汚性に優れてま[…]

関連記事

キャンプで焚き火や炭いじりでなくてはならないレザーグローブ。 薄手で短めのグローブは設営などの細かめの作業に適していますが焚き火や炭火いじりの際には、「熱っ!」となることが多々あります。 キャンプグローブは『薄手で作業[…]

関連記事

焚き火の薪スタンドは一昔前は全く見かけることがありませんでしたが近年のキャンプ場でよく見かけるようになりましたね。 個人的に薪を地面の湿気で薪を濡らさないとか見た目がオシャレとかメンドクサくて大げさだな~。なんて思っていましたが見た[…]