BBQに適した炭は?上質でリーズナブルな「オガ炭」をおすすめします

食材の風味を引き出す上質な炭

ちくわ炭とも呼ばれる「オガ炭」は木材加工で出るオガクズを焼き固めて製造される炭ですが、最高級の炭とされる備長炭に近い性質を持っており「オガ備長炭」という名前で売られていることもあります。

オガ炭は燃焼時の臭いがほとんどなく、長時間火力を保ち爆ぜることがほとんどないため焼肉店でも多く使用されている実用的な炭です。また、価格も安く再利用しやすいためBBQに適しているといえるでしょう。

「オガ炭」は燃焼していくと細かくキレイな白い灰になっていくのが特徴。

同様に穴の空いた炭で「成形炭」というものがありますがこちらは簡単着火をウリにしている安価な炭に多いです。 燃焼時に煙が多く製造過程で粘着剤や着火剤を使用しているため少し臭いが気になることもあります。しかし着火しやすく形が一定なのでダッチオーブンの加熱用では使い勝手が良いです。

黒炭(炭化温度 400~700℃)
岩手切炭・マングローブ炭など
白炭(炭化温度 1000~1200℃)
備長炭・オガ炭など
・扱い易い(熾(おこ)し易い)
・火持ちは良くない(ものが多い)
※調理中に継ぎ足す必要がある場合あり
・着火の際に煙が多く、臭うものが多い
・扱いにくい(熾(おこ)しにくい)
・火持ちが良い
※調理中に継ぎ足す必要がほとんど無い
・着火の際に煙が少なく、臭いにくい

燃焼時の臭いが良くきれいな木材の形をした岩手切り炭もおすすめですが、形の揃っていて場合によっては細かく折って使えるオガ炭のほうが使い勝手が良いかもしれませんね。

白炭「オガ炭(オガ備長炭)」

送料無料の人気のオガ炭。品質は国産のものよりも少し劣りますがコスパ最高です。

黒炭「岩手切り炭」

着火しやすいオガ炭『柏炭』

オガ炭は備長炭に似た性質のため非常に火付きが悪く、着火剤ではなかなか火が点きにくいとは言われていますが、国産の『柏炭』に関しては着火が難しく感じたことはありません。※チャコスタ使用前提です

火力が強く持続する着火剤を使うと30分ほどで真っ赤に熾すことができます。炭の量に合わせて着火剤の量を変えると効果的。1~2kgのオガ炭に対して2つ使用すると確実に着火できます。

熱による上昇気流により吸気を加速させ炭に酸素を多く供給することで着火を促進させるチャコールスターター 。 これがないとかなりの苦戦を強いられることに。必需品です。

しばらく放置状態で炎が上がるほどになります。炭を追加する場合には熾した炭の上に投入するとすぐに着火します。

程よい火力が長時間持続

オガ炭は岩手切り炭ほど火力が強くはありませんが、必要十分な火力が安定して持続するといった感じ。あとで炭を足したりする必要がなくゆっくりとBBQを楽しむことができます。

火消し壺で消火して再利用

オガ炭は火力が長時間持続するがゆえに自然鎮火までにかなりの時間がかかりますが、火消し壺の中に火のついた炭を入れてフタをしておくことですぐに鎮火させることができます。

火消し壺で鎮火した炭は次回そのまま利用できます。

関連記事

昨今の自粛モードでキャンプに行かずひたすら自宅でなんちゃってアウトドアな日々が続いていますが、そんな時こそ道具選びに時間をかけて、普段あまり注目されることのないアイテムを紹介していきたいと思います。 本間製作所 子犬印 給食[…]

まとめ

バーベキュー用の炭と言っても意外に種類が多くどれを買ったらよいか迷いますが多少、着火しずらくともやはりオガ炭のコスパの良さが優れていますね。チャコールスターターと火消し壺をそろえてオガ炭を使いこなすとBBQの楽しさは倍増します!