HilanderハイランダーのLEDヘッドライトのコスパが高い。とりあえずコレ買っとけば間違いないレベルの完成度。

キャンプで夜に洗い場やトイレに行くときの明かりとして、気軽に使える充電式のヘッドライトが欲しいと思い調べてみたところ、ナチュラムのオリジナルブランド『Hilanderハイランダー』から新型のヘッドライトが発売されてました。

「充電式」で乾電池の交換いらず、「480ルーメン」と明るい、「センサーONOFF」機能搭載、充実した基本機能にもかかわらず驚きの価格。

2種のLEDを並列したデザインのためサイズ約6.7×3.7×4cmと若干横に長く大きいですね。大き目ボディですが本体の重量が73gと軽いため付け感は非常に良いです。

軽く丈夫なABS樹脂製のボディ。充電式のため電池フタを必要としない構造のため密閉度が高く防水防塵性能に優れます。防塵IP5X、防水IPX4を取得。

IP5X:有害な影響が発生するほどの粉塵が中に入らない(防塵形)

IPX4:あらゆる方向からの飛まつによる有害な影響がない(防まつ形)

4段階に角度調節可能。最大でおよそ45°まで。

上部にはWi-Fiみたいなマークのついたセンサーモードスイッチと電源スイッチが配されています。同じ形状なので押し間違えしそうな感じはします。

充電用USBコネクタ差し込み部にはラバーのカバー付きです。

面白い機能としてベルトとランプを分離できます。

取り付け部分は分離できるようには見えないほど一体感のある作りになっていますがヘッドランプのベースを横にスライドさせると外れます。ベース裏の4つの丸い銀色の物体はマグネットです。

ブリキ缶にくっつけてみましたが4個のマグネットでガッチリ付きます。

車のラゲッジのバックドア内側にくっつけて照らしておくと暗がりで荷物の積み込みに便利ですね。

スイッチボタンを1回押すごとに以下のように点灯モードが切り替わります。

300LM スポット光 バッテリー持続時間 3h

90LM スポット光 バッテリー持続時間 10h

250LM 面発光 バッテリー持続時間 3.5h

480LM スポット+面発光 バッテリー持続時間 1.5h

※点灯時電源ボタン長押しで1回点滅フラッシュ

スポット光

300LM スポット光 バッテリー持続時間 3h
90LM スポット光 バッテリー持続時間 10h

スポット光は比較的遠方まで届き道幅や地面の状態を把握しやすい。弱の90LMだと夜間平地のウォーキングやキャンプ場でトイレに行くときに砂利道を歩くには十分な光量。

面発光

250LM 面発光 バッテリー持続時間 3.5h

面発光LEDを搭載しており、手元や足元など比較的至近距離の広範囲をムラなく照らすのが得意。250ルーメンもの明るさがあるので小型ランタン並みの性能です。

スポット光+ 面発光

480LM スポット+面発光 バッテリー持続時間 1.5h

最大光量の480ルーメンはさすがに明るいです。遠くを照らすスポット光と近くに拡散する面発光LEDのW照射でキャンプサイト全体を照らし出すほどです。

センサーモードを搭載しており、スイッチを押さずともライトの前に手をかざすだけでON・OFFが可能です。

点灯時にWi-Fiみたいなマークのボタンを押すと横のインジケータが緑に点滅しモード起動します。

手が汚れているときや濡れているときにスイッチを触れずにON/OFFできるのは快適ですね。また、ゴツいグローブをはめていてスイッチを押せないときにも便利。

シンプルな1本ベルトですが裏面に滑り止め付き。キャップやヘルメットに取り付けてもズリ落ちしにくく着用感が良いです。

ヘッドランプですがキャンプでは頭につけるよりも首掛けが快適。そのまま首掛けするとランプが下向きになり照射範囲が狭い状態になりますが、角度を全開にして逆向きに掛けると足元前方を照射するようになり、ランプが安定するので歩きやすくなります。

内蔵のリチウム充電池(3.7V/1400mAh)に約2.5時間で満充電。パススルー回路搭載らしく、充電しながら点灯が可能です。モバイルバッテリーを持ち歩けばほぼ電池切れの心配はなくなりますね。 USBケーブル(80㎝)付属。

キャンプだけでなくガチの釣りや登山にも使えるスペックでありながらもお安い、ハイランダーのヘッドランプの紹介でした~。

関連記事

LEDヘッドランプは明るく高機能なモデルが多く、どれがよいのか迷ってしまいます。明るく高出力となるに従って気になってくるのはバッテリーのランニングコスト。おすすめはコンセントやモバイルバッテリーから充電できるヘッドランプです。 本格[…]