キャンプ・車中泊の暖房。ダイニチの小型石油ファンヒーターをポータブル電源で動かしてみた。

石油ファンヒーターというと部屋に設置して動かさないイメージがありましたが、ポータブル電源を使えば持ち運びして好きなところに設置できるんじゃね?という考えに至り、実際にやってみることにしました。

ところでファンヒーターを製造するダイニチによると、石油ファンヒーターによる浮遊ウイルス除去効果が確認されているみたいです。空気清浄機なみの効果ですね。

ポータブル電源とダイニチFW-2519NE

ダイニチ FW-2519NE

  • 暖房能力 2.50~0.68kw
  • タンク容量 3.5ℓ
  • 燃料消費量 0.243~0.066ℓ /h
  • 最大消費電力(点火時)370W
  • 着火時間約 35秒
  • 重さ6.9kg
  • 高さ393mm・幅321mm×・奥行311㎜

ファンヒーターは小型軽量で消費電力の少ないダイニチのFW2519NEを購入しました。おそらく市販されているものの中で最も小さい石油ファンヒーターかと思われます。※FW2519は2019年モデルですが2020年モデルはFW2520というように型番が変わります。

FW25シリーズには「S」と「NE」モデルが存在しており、消臭機能が強化された「NE」は点火消火時の臭いがほとんどしないのが特徴。

ダイニチFW-2519の点火時には一定時間370Wかかりますので、定格370W以上のポータブル電源を使う必要があります。

ファンヒーターを使う時期は当然ですが寒い時期なので、電池でもあるポータブル電源は出力低下します。低気温時ではファンヒーターの起動消費電力が増えるためポータブル電源への過負荷状態で停止しやすいため、パワーに余裕のある定格500Wのポータブル電源を使用しました。

関連記事

OUKITEL(オウキテル) 冬のキャンプや車中泊で電気毛布を使ったり夏のキャンプで扇風機を使うなど、大容量で使い勝手の良い700~500Whのポータブル電源となると5万円~8万円ほどしますが「OUKITEL(オウキテ[…]

ファンヒーターの消費電力に対し定格500wのポータブル電源だと十分なパワーがありますが、気温0°近い状態で点火しないこともありました。再度電源を入れなおすと350Wほどで点火します。やはり寒い時期はポータブル電源の出力低下が起きるので注意ですね。

動作中は消費電力220w~14wを繰り返すサイクル運転になります。614W/hのポタ電だと6~8時間程度の連続動作できるくらい。Lo(ローモード)で使うと動作時間はかなり伸びます。

暖房能力はカセットガスヒーターとは比較にならないほどパワフル。
試しに車内(危険なのでマネしないでね)で使用してみましたが気温5°で小窓を開けた状態でも十分暖かく過ごせるほど快適でした。熱風の吐出ルーバー周辺は熱くなりますが本体はほとんど熱くならず触っても平気でした。

ファンヒーターは空気が薄くなるとすぐに停止する安全装置を搭載しているとはいえ、狭いスペースでの使用は一酸化炭素中毒の危険性があります。換気はもちろんのこと、一酸化炭素警報器の設置は必修といえるでしょう。

カートリッジ式タンクのストーブやファンヒーターの車載でよく言われるのが灯油漏れですが、FW25にはタンクの受け部分にカップ状のプラパーツがあるためか、運搬による振動程度では灯油が漏れ出すことはありませんでした。タンクが跳ね上がるほどの振動が加わるとたぶん漏れます。

石油ファンヒーターを製造するCORANAコロナにも小型ファンヒーターは存在しますが点火時の消費電力が大きいため大出力のポータブル電源でないと点火できないおそれがあります。コロナのファンヒーターは点火時の消費電力は大きいですが駆動時の消費電力が小さく燃費は良いのが特徴。大出力のポータブル電源を使う場合には、コロナのファンヒーターもありですね。

石油ファンヒーターは不完全燃焼を防止するセンサーを搭載しているため換気不足になるとすぐに止まるなど、安全性が高いのが特徴です。持ち運びは少しメンドクサイですが圧倒的なパワーによる暖房能力に優れており燃費も良いので車中泊やキャンプでも活躍することでしょう。

※当ブログでは石油ファンヒーターをキャンプ及び車中泊で使用した際に発生したの事故やトラブルにおきまして一切責任を負いません。ご使用の際には自己責任において十分な対策をとったうえで使用いたしましょう。